男性の中年以降に多く発症する目の病気 「加齢黄斑変性」とは

更新日

加齢黄変変性とは

目の構造

加齢黄斑変性は、網膜の中央にある黄斑が障害され、視力が低下する病気です。黄斑は、物を見るうえで重要な働きをしています。特に黄斑の中央にある中心窩と呼ばれる小さなくぼみは、視力と最も関わりの深い部分です。

加齢黄斑変性 起こしやすい人

加齢黄斑変性は、その名のとおり加齢と関係の深い病気で、日本では中途失明の原因の第4位となっています。

50歳頃から発症し、年齢が高くなるにつれて発症率が上がっていきます。日本では、男性に多く起こり、発症率は女性の約2倍です。喫煙者に起こりやすいのも特徴です。また、家族に加齢黄斑変性の人がいると、この病気になりやすいといわれています。それ以外に、食生活の欧米化の影響なども考えられています。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    目の病気 最新情報「加齢黄斑変性」

きょうの健康 放送

目の病気 最新情報「加齢黄斑変性」の他の記事