家庭で測る血圧だけが高い!?仮面高血圧とは?

更新日

危険な「仮面高血圧」

高血圧のタイプ

自分の高血圧がどんなタイプなのかは、診察室血圧と家庭血圧の両方を測れば知ることができます。特に気をつけたいのが、診察室血圧は正常なものの、家庭血圧が高いタイプです。このタイプは、医師や医療スタッフが見つけることは困難なので、仮面高血圧と言われています。
仮面高血圧は見逃されやすいうえに、脳卒中や心筋梗塞などの発症率が一般的な高血圧と同じくらいに高いため、危険な高血圧といえます。40歳以上の10人に1人は仮面高血圧という報告もあります。
仮面高血圧かどうかを調べるには、毎日朝と夜、家庭で血圧を測れば発見することができます。家庭血圧計を上手に活用して、早期に発見し、早めの治療を心がけましょう。

注意したい早朝高血圧と夜間高血圧

仮面高血圧には、昼間高血圧早朝高血圧夜間高血圧という3つのタイプがありますが、特に気をつけたいのが早朝高血圧と夜間高血圧の2つです。

早朝高血圧

朝、目が覚める前後に血圧が急上昇するのが早朝高血圧です。朝、血圧が上がるのは生理的な現象ですが、早朝高血圧の場合、急激に上昇してしまうのです。早朝高血圧が高齢の人や動脈硬化が進んでいる人などに起きると、脳卒中心筋梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。
早朝高血圧を防ぐには、浴室を暖かくする、外出時にはマフラーをするなど、日頃から寒さや冷たさを防ぐ工夫が効果的です。

夜間高血圧

就寝中の血圧は下がるのが通常ですが、夜間高血圧になると、血圧が下がらず高いままになってしまいます。すると、血圧が高いままの状態が長く続くために、血管に負担がかかり、動脈硬化の進行を早めたり、脳卒中や心筋梗塞、腎不全などのリスクを高めたりしてしまうのです。
慢性腎臓病、睡眠時無呼吸症、糖尿病、心不全などがある人は、特に注意が必要です。
就寝前と起床時の血圧を測り、両方の値が高い場合は夜間高血圧が疑われます。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    これを見れば下げたくなる!高血圧「どれが本当の血圧?」

きょうの健康 放送

これを見れば下げたくなる!高血圧「どれが本当の血圧?」の他の記事