食で健康「手軽につくれるキャベツ料理」

更新日

食で健康づくり 健康レシピ

春こそ、胃腸に優しいキャベツ料理を

キャベツには、傷ついた胃粘膜の修復を助けるビタミンUが豊富に含まれています。また、ビタミンCなど抗酸化作用をもつ成分や、抗菌作用をもつ成分も含まれているので、体の免疫の働きを高めるのに役立ちます。春は、環境の変化などから、ストレスによって体調を崩しやすいので、胃腸に優しいキャベツ料理がおすすめです。今回は、短時間でつくれる3品を紹介します。
今が旬の春キャベツは、水分が多くて柔らかく、甘みも強いのが特徴です。葉の柔らかさを生かしたロールキャベツや、甘みと口当たりのよさを楽しむ浅漬けなどにすると、よりおいしく食べられます。

10分でできるロールキャベツ

(1人分 132kcal/塩分量2.0g)

10分でできるロールキャベツ

材料(2人分)

  • キャベツ
    300g
    豚ひき肉
    50g
    たまねぎ(※みじん切り)
    25g
    しいたけ(※みじん切り)
    2枚(25g)
    みそ
    小さじ1
    トマトピュレ
    30g
    ベーコン
    20g
    カップ2
    しょうゆ
    大さじ1
    パセリ
    適量

作り方

  1. 豚ひき肉をボウルに入れ、たまねぎとしいたけ、みそを加えてよく練り合わせる。
  2. 芯に近いやや小さめのキャベツの葉を用意し、1枚の葉に1の半量をのせ、もう1枚で覆って包む。同じものをもう1つつくる。
  3. 煮くずれないようにロールキャベツがきっちり入る鍋を選ぶ。鍋に2を並べ、水、トマトピュレ、5mm幅に切ったベーコンを入れて火にかける。中火で約5分間煮込み、しょうゆを加えて再び沸騰したら火を止める。器に盛り付け、刻んだパセリをのせる。

キャベツのあっさり漬け

(1人分 エネルギー量16kcal/塩分量0.6g)

キャベツのあっさり漬け

材料(4人分)

  • キャベツ
    200g
    桜えび
    3g
    しょうが(※せん切り)
    20g
    小さじ1/2
    レモン汁
    小さじ1

作り方

  1. キャベツの葉を2cm角に切り、芯は厚さ1mm幅に切る。
  2. ポリ袋にレモン汁以外の材料をすべて入れ、空気を抜いて口を縛り、軽くもみ込む。キャベツがしんなりしたら軽く絞り、レモン汁を加えて混ぜ合わせる。

キャベツと青じそのスムージー

(1人分 エネルギー量48kcal/塩分量0g)

キャベツと青じそのスムージー

材料(2人分)

  • キャベツ
    150g
    青じそ
    3枚
    レモン汁
    小さじ1
    オレンジジュース(果汁100%)
    カップ3/4

作り方

  1. キャベツと青じそを幅1cm程度に切る。
  2. ミキサーにキャベツ、青じそ、オレンジジュースを入れて撹拌[かくはん]する。途中でレモン汁を加え、全体が均一になったらグラスに注ぐ。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    食で健康「手軽につくれるキャベツ料理」