人間ドック 賢明活用術「健診とどう違う?」

更新日

人間ドックと健康診断

人間ドックと健康診断

健康診断は、体の異常を早期に発見するための機会として、自治体や職場などで実施することが法律で義務づけられています。1年に1回職場で実施される一般健診のほか、40~74歳の人を対象に生活習慣病の予防・早期発見を目的に行われる特定健康診査、5大がんと呼ばれる胃がん・大腸がん・肺がん・乳がん・子宮頸がんの早期発見を目的とした対策型がん検診などがあります。
人間ドックは、個人の意思で受ける、より詳しい健康診断です。医療機関によって異なる部分もありますが、一般健診や特定健康診査の内容をカバーし、さらにがん検診も含めて行われます。企業や自治体が費用を負担する健診と異なり基本的に自費となりますが、企業によっては補助を行うところもあります。

人間ドックの検査項目

人間ドックの検査項目

人間ドックの検査項目は、基本検査オプション検査に大別されます。基本検査は、全国どこの人間ドックを受けても共通で行われる検査です。一般健診では行われない検査項目としては、目の病気を調べる眼底・眼圧検査、肺や気管支の病気を調べる呼吸機能検査、胃や食道を調べる上部消化管エックス線検査(バリウム)、肝臓、胆のう、すい臓、腎臓などを超音波を使って調べる腹部エコー検査、大腸の病気を調べる便潜血検査などがあげられます。オプション検査は基本検査に追加できる検査で、各施設によりさまざまな種類があります。自分の生活習慣や家族の病歴などを基に、希望する項目を追加できます。
人間ドックは、一般にさまざまな病気が気になり始める40歳代から受けるのが勧められます。自分が気付いていなかった異常を早い段階で発見できるよい機会です。また、人間ドックを受けるだけで終わらせず、結果によっては、精密検査を受けたり、治療や生活習慣の改善などを始めることが大切です。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    人間ドック 賢明活用術「健診とどう違う?」