花粉症の最新治療 薬・レーザー・舌下免疫療法

更新日

花粉症のしくみ

花粉症のしくみ

花粉が体内に入り込むと、体は花粉を異物と認識して免疫機能が働きはじめてIgE抗体が作られます。このIgE抗体は、免疫に関係する「マスト細胞」と呼ばれる血球系の細胞に結合します。マスト細胞は花粉を排除しようとヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。この化学伝達物質が体の神経や血管を刺激します。くしゃみ中枢が刺激されると「くしゃみ」が、分泌腺が刺激されると「鼻水」が、血管が刺激されると「鼻づまり」などの症状がでます。
花粉症は自然に治ることはまれで、症状が悪化してしまうと治療を行ってもなかなか症状がおさまらない特徴があります。
症状が少しでもでた時点で、なるべく早めに治療を始めることが大切です。

花粉症の治療

花粉症の治療

花粉症の治療は、まず薬によって症状を抑える「対症療法」を行います。
特にくしゃみや鼻水に効果的なのが、ヒスタミンをブロックする「抗ヒスタミン薬」や、免疫に関係するマスト細胞に働く「マスト細胞安定薬」です。また鼻づまりの原因になるロイコトリエンという物質をブロックする「抗ロイコトリエン薬」があります。これらに加えて目にかゆみがある場合は「点眼薬」を使用します。
花粉症の症状全般に効果があるのが「鼻噴霧用ステロイド薬」です。
最新の研究では、発症直後の治療に鼻噴霧用ステロイド薬を使用すると、症状がひどくならないという報告があります。

レーザー治療

レーザー治療

薬による治療に効果がでない人の中には、鼻の中にポリープがあったり、鼻の中の形態に問題があって効果が得られない場合があります。
検査で異常がない場合は、鼻の中の粘膜をレーザーによって焼くことで、アレルギー反応を起こす場所を減らして花粉症の症状を軽減させる治療があります。しかし花粉症を完全に治す治療ではないため再発することもあります。また花粉飛散のおよそ1か月前までに治療をする必要があります。

舌下免疫療法

舌下免疫療法

スギ花粉症の根本的な治療方法として舌下免疫療法が期待されています。
治療のために花粉のエキスをわざと体内に取り込んで、花粉そのものに体を慣らして行く治療法です。
1日1回、スギ花粉のエキスを舌の裏側にたらし、2分間そのままにしてから飲み込みます。これを2年から3年くらい毎日続けることでアレルギー反応を抑えます。

舌下免疫療法

舌下免疫療法は効果がでるまでに2年間はかかりますが、調査では「期待通り」「まあ期待通り」と答えた人を合計すると85%以上でした。2年間行ったあとも続けることでより改善するといわれています。
注意点としては、舌下免疫療法はスギ花粉が飛んでいる時期にはできないため、花粉飛散のおよそ2か月前までに治療をする必要があります。
また副作用に関しては、口の中がかゆくなったり、腫れたりすることがあります。口の中でアレルギー反応が起こるためですが、ほとんどの場合は一時的で、症状が持続することはまれとされています。