若年性認知症対策4 若い人でもなじめるデイサービスを探す。ない場合地域包括支援センターに相談

更新日

まずは若年者向けのデイサービスを探す

まずは若年者向けのデイサービスを探す

40歳以上で若年性認知症の人は、介護保険によるサービスを受けることができます。ただ、若い人に適した介護施設があまり多くないのが現状です。
若年性認知症の人はデイサービスに通うケースが多いのですが、高齢の利用者が多く、高齢者向けのプログラムだと、なじめずに通わなくなってしまうケースが少なくありません。まずは若年性認知症の人向けのデイサービスを探して通うことを第一に考えましょう。最近は特に首都圏などでは若い人向けの施設が増えています。近くにない場合は、デイサービスのスタッフに相談するのもよいでしょう。ボランティアで軽作業を手伝ったり、高齢者の話し相手をしたりするなど、本人がやりがいを感じられる方法を考えてくれる場合もあります。そういった情報を知るためにも、まずは地域包括支援センターに問い合わせてください。