インフルエンザに備える

更新日

インフルエンザウイルスの型

インフルエンザウイルスの型

インフルエンザウイルスは、A型B型C型の3つの型に分けられます。
このうち、冬に流行する季節性のものは、A型とB型です。大流行(パンデミック)を起こすのがA型で、B型は地域的な流行を起こします。C型は、散発的に起こるもので、季節的な流行は起こしません。
ウイルスの表面の「H」と「N」という突起の組み合わせによって、A型は144の亜型に分けられます。B型は2系統に分けられます。

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状

高齢者や乳幼児など免疫力が低い人がインフルエンザにかかると、「肺炎」や「インフルエンザ脳症」などの重い合併症が現れることがあります。典型的なインフルエンザでは、38度以上の発熱に加え、鼻水やのどの痛みなど上気道の症状が起こります。
しかし、最近のインフルエンザの研究では、「発熱せず、鼻水やのどが痛いだけの軽症例」が多く存在していることがわかってきています。さらに、症状がない「無症候性感染」の人が、軽症の人よりも多くいるといわれています。

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザを予防するうえで重要なのが、インフルエンザワクチンの接種です。ワクチンの効果については、年齢などにもよりますが、発症(症状発現)を約50~60%減少させる、重症化を防ぎ、成人の入院を約70%減少させるといった報告があります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン

以前のインフルエンザワクチンは、A型2種とB型1種を合わせた3種ウイルス混合でした。しかし2015年から、B型が1種追加されて4種ウイルス混合になり、発症予防、重症化予防ともに効果が高くなると期待されています。
このインフルエンザのワクチンは毎年つくりかえられます。世界中の国々で流行したインフルエンザウイルスの株から、その後、日本でどんな株が流行するかが予測され、夏ごろまでにワクチンがつくられます。

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防

インフルエンザは、せきやくしゃみによる飛沫[ひまつ]感染によって広がります。インフルエンザを予防するためには、人混みに行くときは「マスク」をすることが勧められます。熱がなくても、せきがでる場合は、インフルエンザの可能性があるため、「せきエチケット」を心がけることが大切です。また「手洗い」は、手についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。

インフルエンザの治療

インフルエンザの治療

インフルエンザかもしれないと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。インフルエンザと診断された場合には、2日以内に抗インフルエンザ薬を使うと、発熱を1日減らす効果と重症化を予防する効果があります。
成人ではオセルタミビル(タミフル)の内服、ザナミビル(リレンザ)、ラニナミビル(イナビル)の吸入が中心です。9歳以下の子どもではオセルタミビルのシロップを使います。ペラミビル(ラピアクタ)は点滴薬です。服用や吸入の回数は薬の種類によって異なります。
10歳以上の子どもでは、インフルエンザそのものの影響により、急に走り出す、部屋から飛び出そうとするなどの異常行動を起こす恐れがあるため、少なくとも発症から2日間、異常行動を起こさないか、注意して見守ることが大切です。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    インフルエンザに備える