大丈夫?子どものおねしょ

更新日

夜尿症の治療

夜尿症の治療

一般におねしょとは、幼児が夜間睡眠中に排尿してしまうことをいいます。5歳未満の子どもでは、発育過程の自然な現象なので問題になりません。しかし、5~6歳を過ぎても1か月間に数回以上おねしょをする場合には、夜尿症という病気として捉えられます。夜尿症にはほかの病気が隠れている場合もありますし、本人や親が困っているのであれば、医療機関を受診することが勧められます。治療を行えば、2年間で約80%の患者さんが治ることがわかっています。
夜尿症には、国際的に標準化された治療方法があります。まず、治療の基本となるのが生活改善です。「早寝早起き」「夕食は寝る2~3時間前に済ませる」「水分は朝昼たっぷりとり、夕方から就寝までは控える」「塩分・糖分・果物をとりすぎない」といった点に注意して生活改善を行えば、1~2割の患者さんが治ると考えられています。生活改善を徹底しても効果が見られない場合には、生活改善を続けながら、医師と相談して、夜尿アラームのどちらかを選択します。薬は、夜間に尿が多く作られるのを抑える抗利尿ホルモン薬を使います。夜尿アラームとは、漏れた尿を感知して音と振動を発する機器です。アラームによって排尿を無意識に止めることにより、大量の尿漏れが防げるとともに、膀胱[ぼうこう]が徐々に大きくなることも期待できます。多くの場合、約4~6週間で効果が見られ、再発も少なく、薬と同じくらいの効果が認められます。

宿泊行事の対処法

宿泊行事の対処法

学校などの宿泊行事には、時期に合わせた方法で対処しましょう。半年~3か月前までに治療を開始すると、かなり高い確率で夜尿を防ぐことができるので、まず日程を確認して治療を検討します。また、「夕食以降の水分は控える」「就寝前に2回排尿し膀胱を空にしてから寝る」などの生活改善を実行して、宿泊のときにも実行しましょう。宿泊行事が差し迫っている場合には、「薬を持参する」「先生に相談して起こしてもらう」、万が一失敗した場合のために「ぬれても目立たない黒や濃紺の衣類や、おねしょ対策用の吸水性のある下着や尿もれパッドなどを用意する」といった対策があります。パンツの裏側に尿もれパッドを入れるポケットを手作りすると、入浴などの際にも周りに気づかれにくくなります。男児は前方、女児は後方にポケットを縫い付けるとよいでしょう。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    大丈夫?子どものおねしょ

関連タグ

病名
症状
尿・排便がおかしい
部位
泌尿器