かなり悪化して初めて症状が出る病気「慢性腎臓病」の症状とは

更新日

慢性腎臓病とは

慢性腎臓病とは

慢性腎臓病は腎臓の働きが低下した状態や、尿の中にたんぱくが漏れ出る状態(たんぱく尿)の総称で、日本には1000万人を超える慢性腎臓病の人がいると推計されています。
慢性腎臓病になっても、腎臓の働きがかなり低下するまで自覚症状がありません。そのため、慢性腎臓病と診断されても最初は自覚症状がまったくない人が大半なので、気づきにくく油断しがちな病気といえます。最後まで進行すると腎臓が機能しなくなり、透析治療などを行って自身の腎臓を肩代わりしなければなりません。

慢性腎臓病が引き起こす病気

慢性腎臓病が引き起こす病気

慢性腎臓病は、「脳卒中」「心筋梗塞」などの原因になることも明らかになっています。慢性腎臓病の原因である糖尿病や高血圧が動脈硬化を進行させ、また慢性腎臓病そのものが血管にさまざまな障害を引き起こすためと考えられています。慢性腎臓病が認知症のリスクを高めることもわかってきました。

慢性腎臓病の症状

慢性腎臓病の症状

慢性腎臓病は病気がかなり進行して初めて症状が現れます。主な症状はだるさ、食欲不振、頭痛、吐き気、むくみ・動悸・息切れ、高血圧、貧血、骨が弱くなるなどです。
いろいろな症状が現れるのは、腎臓の働きが低下することで体内にさまざまな有害物質がたまってしまうためです。体内に余分な水分もたまるので、むくみが生じ、血圧も高くなります。
この段階では心臓病や脳卒中が非常に起こりやすく、また透析治療を避けにくくなります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    しのびよる慢性腎臓病「あなたの腎臓は大丈夫?」 

きょうの健康 放送

しのびよる慢性腎臓病「あなたの腎臓は大丈夫?」 の他の記事