白内障の手術 生活に合わせた眼内レンズの選び方と種類

更新日

眼内レンズの選び方

眼内レンズの選び方

白内障の治療では、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換える手術が行われます。
健康な目の場合、遠くを見るときに水晶体は薄くなり、近くを見るときは厚くなるというように、水晶体の厚みを変えてピントを調節しています。
しかし、水晶体の代わりに入れる眼内レンズは、厚みが変わらないのでピントを調節することができません。そのため、「どこにピントが合う眼内レンズを選ぶか」が大切になってきます。眼内レンズには、「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」の2種類があり、白内障の手術には主に単焦点レンズが使われています。

眼内レンズの選び方

単焦点レンズ

白内障の手術で使われる眼内レンズは、基本的に1か所だけにピントが合う単焦点レンズです。単焦点レンズは「遠く」「中間」「近く」の3つに分けられ、どこがはっきり見えるレンズにするかを選びます。
車の運転やスポーツをする機会が多い人は、遠くがはっきり見えるレンズがよいでしょう。テレビを見たり、料理をしたりするときには、中間の距離がはっきり見えるレンズが便利です。読書やパソコンの作業には、近くにピントが合うレンズが勧められます。
例えば、近くにピントが合うレンズを選んだ場合、中間の距離や遠くの物を見るときには、眼鏡が必要になります。

多焦点レンズ

多焦点レンズは、「遠くと近く」「遠くと中間」というように、2か所にピントが合う眼内レンズです。ただし、ピントが甘い、暗いところで細かい文字が見えにくい、見え方になじまないことがある、健康保険が適用されないため費用が高い、といった短所があります。
多焦点レンズを入れたけれどもうまくなじまず、生活に支障をきたすような場合は、レンズを入れ替える手術をすることもあります。

『Q&A 白内障』はこちら