眼圧が上昇して視神経を障害 緑内障の原因とは

更新日

緑内障の原因

緑内障の原因

私たちがものを見ることができるのは、光が眼球を通して網膜に届き、視神経を経て脳に伝わるからです。緑内障は、眼圧によって視神経が障害されることで起こります。
眼圧は、眼球が形を保つために必要な圧力で、目の中の水分である「房水」によって調整されています。房水は、水晶体を支えている組織で作られ、角膜の隅にある出口「隅角」から流れ出ていくことで、常に一定の眼圧がかかるような仕組みになっています。しかし、隅角が詰まったり閉じたりすると、房水が流れにくくなり、眼圧が上がって、視神経の出口(視神経乳頭)が圧迫されます。そのため、情報が脳に伝達されにくくなり、見えにくくなります。

緑内障3つのタイプ

緑内障には次の3つのタイプがあります。

緑内障3つのタイプ
1 隅角が閉じていて眼圧が高いタイプ
緑内障3つのタイプ
2 隅角が開いているが隅角付近の組織が目詰まりを起こして眼圧が高いタイプ
緑内障3つのタイプ
3 隅角が開いていて眼圧が正常なタイプ

実は、日本人の緑内障の7割ほどを占めているのが、3の隅角が開いていて眼圧が正常なタイプです。眼圧が正常範囲にあっても、その人の視神経にとっては、障害されるには十分高い眼圧だったということです。眼圧が正常でも緑内障を発症する理由は、明らかにはなっていませんが、神経の出口である視神経乳頭が通常より圧力に弱いのではないかと考えられています。