病期Ⅲ~Ⅳ期(ステージ3~4)の肺がんに対する治療法

更新日

手術を行わない場合の治療

がんが進行して手術を行わない場合は、主に抗がん剤や放射線療法で、がん細胞の増殖を抑えます。

病期Ⅲ期(ステージ3)の治療方法

手術を行わない場合の治療

肺がんの病期Ⅲ期(ステージ3)で、リンパ節の広い範囲にがんがある場合は、抗がん剤と放射線療法が併用されます。
最近は、がん細胞だけを攻撃する分子標的薬が多く使用されています。その際は患者さんのがんの遺伝子を調べて、それに合った薬を選択できるようになってきています。また免疫チェックポイント阻害剤という薬剤も使用開始されました。
放射線療法も進歩していて、5cm以下のがんに対してピンポイントに放射線を当てる定位放射線療法が行えるようになっています。この放射線療法は、高齢で体力がないために手術を受けられない患者さんが対象です。

病期Ⅳ期(ステージ4)の治療方法

手術を行わない場合の治療

肺がんの病期Ⅳ期(ステージ4)で、がんが肺から離れた骨や肝臓、副腎、脳などに転移している場合は、抗がん剤による治療が行われます。