骨粗しょう症の疑問・質問に答えます!

更新日

骨粗しょう症ロコモティブシンドロームサルコペニア腰が痛いやせてきた

【Q&A】骨粗しょう症の治療は 整形外科?内科?

母は80代で骨粗しょう症と診断されています。薬で骨量を上げる治療をしていますが、緩やかに骨量が減っているようです。現在は整形外科に通っていますが、内科で治療したらアプローチが変わったりするのでしょうか?
(50代 女性)

専門家による回答

日本では骨粗しょう症の治療について整形外科の医師が行うことが多いですが、内科の医師が行うこともあります。診断、治療の方法は大まかに決まっていますので、どちらで診てもらっても大きく変わることはありません。骨粗しょう症の治療は長期間にわたって続けるものなので、これまでの経過がよくわかっている先生のもとで治療することをお勧めします。骨密度の減少が気になるようでしたら、いま通っている整形外科の担当医にそのことを相談してみてください。

【Q&A】薬をのまずに骨粗しょう症の治療はできる?

先日、骨密度の検査を受けたところ、腰回りは危険、足の付け根・大たい骨は要注意、という結果が出ました。医師から、薬をのんで治療をするように指示されました。ただ、薬をのみ始めたら止められないと聞きます。
骨粗しょう症対策として「いりこ」を食べたり、ジャンプをして、薬をのまず改善したいのですが、可能でしょうか。
(60代 女性)

専門家による回答

骨粗しょう症と診断さたら、食事や運動だけでは十分に骨折を防ぐことができないので、薬による治療をお勧めします。薬は基本的にずっとのみ続けていただきます。ただし、薬による治療はやめられないのではなく、骨密度が目標に達したら、休むこともできます。骨粗しょう症は、骨折しなければ症状はあらわれず、骨の強度が低下していることを実感できません。そのため、薬の治療をはじめても、1年後には患者さんの約5割が処方通りの服薬ができていないという報告もあります。実際、骨粗しょう症が治らないまま「足の付け根の骨折」や「背骨」が骨折し、最後には寝たきりになってしまう人は多くいます。自己判断で薬はやめるのはよくありません。必ず医師の指示に従いましょう。
いりこはカルシウムが豊富ですし、ジャンプは骨への刺激となり、骨を丈夫にすることにつながりますので、ぜひ行ってください。ただし、ジャンプについては、骨がすでに弱っていると転倒・骨折のリスクになってしまうこともあるため、主治医に相談するとよいでしょう。

【Q&A】骨密度検査の方法は?

骨密度測定は、「太ももの付け根の骨」や「背骨」で測る全身用の「DXA(デキサ)法」がいちばん信頼性が高いようですが、設備がある大きな総合病院で検査するのはあまり現実的ではありません。近所の整形外科のクリニックでも気軽に行える前腕骨(腕の骨)で骨密度を測る前腕用の「デキサ法」で異常がないことが確認出来たら、骨粗しょう症ではない、つまり太もものの付け根の骨や背骨の骨密度も正常である、と安心しても大丈夫ですか?
(50代 女性)

専門家による回答

太ももの付け根の骨や背骨の骨密度と前腕骨の骨密度は相関(高い人はどちらも高い、低い人はどちらも低い傾向)がありますので、前腕骨の骨密度が十分高ければ、大丈夫です。ただ、骨粗しょう症の早期では背骨の骨密度が最も早く低下することが知られています。したがって前腕骨の骨密度が正常下限に近いようで、骨粗しょう症になりやすいようなほかの病気があったり、ご両親が股の付け根を骨折したりしたなど、骨粗しょう症の危険因子があるようでしたら、太ももの付け根の骨や背骨の骨密度を確認されることをお勧めします。

【Q&A】毎日ヨーグルト・牛乳をとって運動もしているのに骨密度が低いのはなぜ?

毎朝ヨーグルトと牛乳を飲んでいます。運動もしています。なので、骨密度に問題はないと思っていました。ところが骨密度を測ってみると、予想に反して骨密度がとても低く、骨粗しょう症レベルで、とてもショックでした。なぜこういうことが起きるのでしょうか?
(60代 女性)

専門家による回答

骨粗しょう症の原因にはさまざまなものがあります。体質的に骨密度が低い方も多くいます。食事や運動は骨粗しょう症の予防にとても重要で、発症を遅らせたり、悪化を防いだりする効果がありますが、それだけで全ての方で骨粗しょう症を防ぐことはできません。日本人女性では60代の5人に1人、70代の3人に1人、80才以上の半数以上の方が骨粗しょう症です。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2023年11月 号に掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321 まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    みんなの「知りたい!」骨粗しょう症