肺がん手術の種類と手術法の違いについて

更新日

肺がん手術の種類

肺がんは、進行度がⅠ期やⅡ期の場合、根治させるために、がんを取り除く手術が第一の選択肢として検討されます。手術には、大きく分けて、肺葉切除術、肺全摘術、縮小手術の3つがあります。

肺葉切除術

肺葉切除術

肺がんの手術で最も多く行われているのが肺葉切除術です。
右の肺は上葉、中葉、下葉の3つのブロックに、左の肺は上葉と下葉の2つのブロックに分かれていますが、肺葉切除術は、がんができた肺葉のみを切除します。

肺全摘術

肺全摘術

がんが大きかったり、肺の中心部にあったりする場合は、片方の肺をすべて切除する肺全摘術が行われます。

縮小手術

縮小手術

がんの直径が2cm以下でリンパ節転移がなく、転移の可能性も低い場合は、がんとがんの周囲だけを小さく切除する縮小手術が行われることがあります。縮小手術は、肺の機能を残せるのが長所で、肺がんの早期発見の増加に伴い行われるケースが増えており、現在では肺がんの手術の約20%を占めています。COPD(慢性閉塞性肺疾患)や心臓病、腎臓病、糖尿病などがあるために手術による影響が大きい人にも適しています。

手術の方法の違い

胸腔鏡手術、開胸手術

肺がんの手術は、胸腔鏡(きょうくうきょう)手術か開胸手術のいずれかの方法で行われます。国内では、約70%が胸腔鏡手術で行われます。手術時間は、いずれも通常3時間程度です。

胸腔鏡手術

胸腔鏡手術は、背中と脇を3~4か所、小さく切開し、そこからカメラや手術器具を入れて行う手術法です。傷が小さいため体への負担が少ないのが長所で、早期がんや高齢者に多く行われます。切開は3~5cmほどです。

開胸手術

開胸手術は、胸を開いて行う手術法です。進行がんや、がんが太い血管の近くにあるなど高度な処置を要する場合は、開胸手術のほうが安全なことがあります。最近は、開胸手術も8~10cmほどの切開ですみ、体への負担が軽くなっています。