肺がんの治療は手術、化学療法、放射線療法の3つ

更新日

肺がんの治療

肺がんの治療

肺がんの治療法は、手術、化学療法、放射線療法の3つがあり、肺がんのタイプと進行度で選択される治療が異なります。たとえば、早期に発見されれば、体への負担が少ない手術での治療が可能です。
また、肺がんは、小細胞肺がんと、非小細胞肺がんの腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんに分類され、それぞれに治療法が異なります。
小細胞肺がんの治療は、化学療法と放射線治療の2つを中心に行います。一方、非小細胞肺がんは、早期であれば手術を第一に考えます。進行している場合は化学療法や放射線療法で治療します。これらの治療と並行し、がんと診断された直後から、身体的な苦痛と精神的な苦痛の双方に対応する緩和ケアが行われます。