非喫煙者も危ない!?  肺がんの病期(ステージ)の種類と検査方法

更新日

喫煙者でなくても発症する!? 肺がんの4つの種類とは?

肺がんとは
肺がんとは

肺がんは、肺の気管や気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因によってがん化することで起こります。たばこを吸う人に多く発症するがんで、喫煙者は非喫煙者の5倍かかりやすいといわれています。ただし、肺がんの種類によっては、非喫煙者にも起こることが多いものもあります。肺がんは無症状で早く進行する場合もありますが、早期に発見できれば手術で治る可能性も高くなっています。

肺がんは、進行の速い小細胞がん、肺の奥にできやすい腺がん、肺の入り口付近の太い気管支にできやすい扁平上皮がん、肺の奥にできやすく比較的進行の速い大細胞がんの4つに分類されます。このうち最も多いのが腺がんで、肺がんの約60%を占めます。
腺がんは、太い気管支が枝分かれした先、肺の奥の細い気管支にできます。喫煙者に多い扁平上皮がんなどとは異なり、非喫煙者にも起こることが多いのが大きな特徴です。
腺がんが起こる要因には、たばこ以外に、遺伝や大気汚染、女性では女性ホルモンなどがあると考えられています。

肺がんの病期(ステージ)

腺がんを含む肺がんは、進行の程度によって基本的に4つの病期(ステージ)に分けられます。

肺がんの病期

Ⅰ期(ステージ1)は、がんが4cm以下でリンパ節に転移していない状態です。

肺がんの病期

Ⅱ期(ステージ2)は、がんが7cm以下で片側の肺の中にとどまるもの、あるいは小型であっても肺の中のリンパ節に転移している状態。

肺がんの病期

Ⅲ期(ステージ3)は、がんが心臓や大血管に浸潤していたり、左右の肺の中心にあるリンパ節に転移したりしています。

肺がんの病期

Ⅳ期(ステージ4)は、がんが肺から離れた骨や肝臓、副腎、脳などに転移しています。早期に自覚症状はほとんどなく、進行すると空せき、血の混じったたん、ゼーゼーヒューヒューとあえぐような呼吸、胸の痛みなどが現れます。このような症状が出てからだと根治が難しくなります。非喫煙者でも40歳を過ぎたら、早期発見のために定期的に検査を受けることが大切です。

肺がんの検査手法

肺がんの検査

肺がんの検査には、胸部エックス線検査や胸部CT検査、たんにがん細胞が含まれているかを調べる検査などがあります。どのタイプの肺がんでも行われます。

胸部エックス線検査

胸部エックス線検査は肺がん検診などでも行われている検査で、直径2cm程度の小さながんも見つけることが可能です。しかし、影がはっきりしないタイプの早期がんは見つけられないことがあります。

胸部CT検査

より早期の小さながんを見つけるにはCT(コンピュータ断層撮影)検査が有効です。最近では、人間ドックや心臓病の検査などで胸部CT検査を受けた際に、早期の肺がんが見つかるケースが増えています。これらの検査でがんが疑われた場合は、気管支鏡検査などが行われます。

たんの検査

たんにがん細胞が含まれているかどうかを調べる検査です。

気管支鏡検査

胸部エックス線検査や胸部CT検査、たんの検査でがんが疑われた場合に、気管支鏡検査を行います。気管支の内部を観察し、画像検査で影が見られる部分の肺組織を採取して、顕微鏡で調べます。