歯科健診で行われる「プロフェッショナルケア」とは?

更新日

セルフケア・対処 歯周病 虫歯 誤えん性肺炎 顎関節症 脳梗塞 心筋梗塞 口臭がある 歯が痛い 歯・歯肉

プロフェッショナルケアとは?

プロフェッショナルケアとは、主に歯科衛生士が行う専門的な口腔ケアのことです。
具体的には、歯磨き指導や歯石の除去、 歯のクリーニングなどが行われます。
歯の状態は年齢とともに変化し、適切な歯の磨き方も変わってきます。また、歯磨きのほかにも、歯周病や虫歯のリスクを下げるいろいろな対処法の指導も受けられます。
口腔内の機能が向上することは誤えん性肺炎など全身に関わる病気の予防にもつながるので、定期的にプロフェッショナルケアを受けるようにしましょう。

プロフェッショナルケアとは

磨き方の指導

まずは歯磨きをしたあとに安全な着色料を塗り、プラークが付着している部分を着色して、磨き残しがどの程度あるか調べます。
その結果から、患者さんはどの部分に磨き残しがあったのか細かな指摘を受けるとともに、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの使い方、また歯磨きの指導も受けます。磨き残しが多い場合は、指導後に歯ブラシ以外の道具、歯間清掃用具を勧められることもあります。その際には、歯並びなど歯の状態に合った道具、また、その使い方の指導も受けられます。

プラークが付着している部分を着色し、磨き残しがどの程度あるか調べる

歯のクリーニング

歯のクリーニングでは、歯科用のブラシや特殊な研磨剤を使って歯の表面を磨きます。これによって、たばこのヤニ、コーヒーやワインなどの着色も落とすことができます。
研磨剤には、フッ化物(いわゆるフッ素)が入っているので、汚れを落とすとともに歯の質を向上させて虫歯予防効果を高めます。研磨剤で歯を磨いたあと、仕上げにジェル状や泡状のフッ素をなじませる処置を行うこともあります。

  • 歯石の除去
    自分が普段、行っている歯磨きでは取れない歯石をスケーラーを使って除去します。
  • 歯の表面のクリーニング
    歯の表面の汚れを、フッ化物入りの研磨剤を使って歯科用のブラシで清掃します。
    たばこのヤニ、コーヒーやワインなどの飲食物の色素も落とすことができます。
  • 歯と歯の間のクリーニング
    歯と歯の間の汚れを、デンタルフロスや特殊な機器を使って取ります。

唾液腺マッサージ

検査で唾液の分泌量が少ないことがわかった人には、唾液腺マッサージの指導が行われます。
唾液には抗菌作用や洗浄作用がありますが、年齢とともにその分泌量は減少します。
そこで、マッサージで唾液腺を刺激して分泌を促します。

「唾液腺マッサージのやり方を動画で解説 誤えん性肺炎の予防に」はこちら

かみ合わせの癖「TCH(Tooth Contacting Habit)」

かみ合わせの癖「TCH」の対策

プロフェッショナルケアでは歯の食いしばりだけでなく、上下の歯を接触させてしまう癖に関する対処法の指導も行われています。自覚のない人が多いのですが、歯科健診での問診や歯や口の中の状態を診ることでTCHがあるかどうかがわかります。なお、自分の舌の端や頬の内側に歯型がついている場合は、TCHはある可能性があります。この状態が長く続くと、歯を支えている骨や顎(がく)関節に負担がかかり、歯周病が進行したり、入れ歯やインプラントが壊れやすくなります。また口を開けたときに痛みが起こる顎関節症につながることもあります。対策としては、意識的に「上下の歯を離す」「力を抜く」ようにします。「歯を離す」と書いた注意メモを目に触れる場所に貼っておくだけでも効果があります。

プロフェッショナルケアの費用

予防を目的としたプロフェッショナルケアは、原則として公的医療保険の適用対象外です。歯や歯ぐきの状態によっては公的医療保険が適用される場合もありますが、費用については歯科で相談してください。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2022年12月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    歯を残し命を守る“予防歯科”最前線「プロフェッショナルケア」