保湿と補湿で肌のかゆみを予防 適切なスキンケア方法

更新日

皮脂欠乏性湿疹発疹が出たかゆみがある乾燥するできものがある皮膚

肌のかゆみ “保湿”と“補湿”で

肌の潤いは、肌の中の水分を保つ機能と、その水分の蒸発を防ぐ機能によって保たれており、中高年になると、どちらの機能も衰えてきます。単に水分を補うだけでは不十分です。肌の中の水分を補う「補湿」と、水分の蒸発を防ぐ「保湿」を意識したスキンケアが重要です。男女問わず、適切なスキンケアを習慣にしましょう。

  • ステップ①補湿
    加齢などで、肌の水分量は減少します。まずは、肌に水分を補って調子を整える「補湿」を行います。
  • ステップ②保湿
    肌の表面に油分を含む保湿剤で“ふた”をして、肌の中の水分の蒸発を防ぐ「保湿」を行います。

4つの保湿剤を使いこなせ!

補湿と保湿の機能をもつのが保湿剤です。保湿剤は数多く市販されていますが、大きく4つのタイプがあります。「ローション(化粧水)」「乳液」「クリーム」「軟こう」です。それぞれの特徴や効果の違いを理解したうえで、自分の肌や好み、季節に合ったものを選んでください。いろいろな成分が1つにまとまった「オールインワン」タイプもよいでしょう。

※注意:肌荒れなどが生じた場合は、使用を中止してください。

保湿剤の種類と特徴

上記の写真だと、左のほうが水分は多く「補湿」の効果が高いです。逆に、右にいくほど油分が多く「保湿」力が高いです。

  • ローション(化粧水)【誰にでもお勧め】
    水分と水溶性の保湿成分が含まれていて、肌に潤いを与えます。ただし、蒸発しやすく、乾燥をカバーする力は弱いです。
  • 乳液【ベタつきが気になる人向き】
    水分と保湿成分に、油分を加えたものです。サラッと軽いつけ心地で、ベタつきが気になる人に向きます。
  • クリーム【乾燥しやすい人向き】
    乳液より水分が少なく油分が多いため、乾燥しがちな人に向いています。やや重めのつけ心地です。
  • 軟こう【ひび割れやひっかき傷などがあるときにも使える】
    油分が最も多く、保湿効果が高いです。刺激が少ない。

乾燥予防の“スキンケア”

保湿剤は、まずローションで潤いを与え、次に乳液やクリーム、軟こうでバリアをするのが基本。ただし、乾燥が気にならない夏場はローションのみでもよいかもしれません。肌の調子に合わせて選びましょう。朝とお風呂上がりなど1日2回塗るとよいでしょう。お風呂上がりは肌の水分が蒸発しやすいため、タオルで水気を拭き取ったら、おおむね5分以内に塗るとよいでしょう。それ以外にも肌の乾燥を感じたら、適宜塗りましょう。保湿剤は、やさしく、まんべんなく塗り広げるようにします。ティッシュペーパーを広げて肌に当てて、ゆっくりはがれ落ちるくらいが適量です。

入浴のポイント

熱いお湯に長くつかると、肌を覆っている皮脂がお湯に溶け出して肌が乾燥し、かゆみが強くなります。42℃以上の熱いお湯につかったり、長湯をしたりすると、皮脂がお湯に溶け出してしまいます。肌の潤いを保つためには避けたほうがよいでしょう。また、体をゴシゴシ洗うのもよくありません。肌を傷つけたり、皮脂を過剰に落としてしまいます。よく泡立てたせっけんをつけた手のひらや、柔らかいタオルでやさしく洗いましょう。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2022年12月 号に掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321 まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    冬の不調 医師が解決します!「"肌のかゆみ“保湿”と“補湿”で"」