がん治療による脱毛や肌荒れ 「アピアランス」の悩み

更新日

乳がん 髪の毛 皮膚

つらい見た目の変化「アピアランス」の悩み

放射線や抗がん剤、分子標的薬など、がんのさまざまな治療は脱毛や肌荒れなど、見た目の大きな変化を引き起こします。
女性の乳がん患者さんに「治療に伴う苦痛」を聞いたアンケート結果でも、脱毛や乳房の切除など、見た目の変化が上位を占めています。

乳がん治療に伴う苦痛

見た目の悩みはうつを引き起こしたり、患者さんを社会から孤立させてコミュニケーションをなくしたり、命を救う大切な治療を妨げることになることもあります。がんと闘う上で、非常に大きな問題なのです。

何が起こる?どうしたらいい?

がん治療では、どんな見た目の変化があるのでしょう。まずは脱毛です。必ず脱毛するわけではありませんが、抗がん剤や頭部への放射線治療により、髪の毛が抜けることがあります。治療によっては、髪の毛だけでなく、まゆ毛、まつ毛、体毛に及ぶ場合もあります。

がん治療による脱毛

男性の場合はウイッグなしで過ごす方も多いのですが、女性はほとんどの方がウイッグを使用します。ウイッグ選びのポイントは、「自分」がキーワードです。

ウィッグ選びのポイント

毛が抜け始めるのは、抗がん剤治療をはじめて、早くて10日。だいたいは2、3週間後からです。あせらず、「似合う、素敵」と思えるものを選びましょう。値段は、自分がかける1年分の美容院代を目安にしてもよいでしょう。

爪への影響も、分子標的薬など新しい薬が登場したのに伴い、近年、問題となっています。変色したり、もろくなったり、割れたりすることもあります。

爪への影響

爪の先がもろくなってギザギザになったり割れたりした場合、マニキュアを塗ってから爪の先に合わせてシールを貼り、その上に重ね塗りして、補強することができます。伸びれば、そのまま切ればOKです。

もろくなった爪への対処法

変色はマニキュアでカバー。ハンドクリームを手に塗るときに、そのまま爪にも塗って保湿に気をつけましょう。

肌への影響もあります。抗がん剤や放射線などによって、湿疹や炎症、乾燥によるかゆみ、色素の沈着による黒ずみなどが現れます。特に、分子標的薬が登場してから、ざ瘡様皮疹(ざそうようひしん)といわれる、にきびのような皮疹なども生じやすくなりました。一部の薬ではチクチク、ピリピリとした痛みが現れることもあります。

がん治療による肌への影響

ざ瘡様皮疹(※上の写真左上)

ざ瘡様皮疹などが進むと治療するしかありませんが、色素沈着は化粧品でカバーできますし、日焼止めも重症化予防に有効です。日常のケアのポイントは保湿と清潔です。

見た目の変化の悩みはコミュニケーションの問題

実は、見た目「アピアランス」の悩みというのは、人間関係、コミュニケーションの悩みと言い換えることができます。例えば、無人島に一人、という状況に置かれると、たいていの方が、見た目なんか気にしない、と言います。どこにいても、一人でも痛い「頭痛」や「吐き気」などと違い、見た目の悩みは、コミュニケーションの悩み、社会がなければ消えてしまいます。つまり外見の悩みは、社会、言い換えれば人との関係を悩んでいるということなのです。

実際、患者さんが外見を気にするときには、前提となる具体的なシーンがあります。その不安に思っていたシーンに対するゴールが見えれば、外見のことは、あまり気にならなくなってくるのです。

例えば、抗がん剤治療で脱毛し、ウイッグをつけて職場に復帰したとします。「髪型変えた?」とか聞かれたときに、どう答えるのかシミュレーションしておくだけでも、ずいぶんラクになります。「気分転換」と答えるのもいいでしょう。患者さんの中には「年下の彼氏ができたの」と答えた方もいます。病気の情報は重要なプライバシーなので、言う必要はないのです。

見た目の悩みであるアピアランスのケアとは、家族を含む人間関係の中で できるだけ今までどおり、その人が生き生きと過ごせるよう支援すること。そのために何ができるか、を一緒に考えることだと思います。悩んだら一人で抱え込まずに、身近な医療者に相談してみてください。

記事『一歩、外に出るために がんサバイバーのQOL』(ハートネット)

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2022年2月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    がんとの闘いをサポート 「見た目“アピアランス”の悩み」