がんを引き起こす原因2 肥満

更新日

セルフケア・対処 メタボリックシンドローム やせてきた 体がだるい 全身が痛い 全身

肥満による影響

肥満による影響

肥満は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の大きな要因であるだけでなく、がんのリスクを高めることもわかっています。食べ過ぎや運動不足によって、体内に余った糖を処理するために、大量のインスリンが分泌されます。このインスリンの過剰分泌が、がん細胞を増殖しやすくするといわれています。
しかし、ただやせていればいいというわけではなく、やせ過ぎもがんのリスクを高めてしまいます。
日本人の中高年を対象に行った調査では、男女ともに、やせすぎ、太り過ぎはがん死亡リスクが高くなることがわかりました。ほかの病気の影響も考慮して、BMI(体重kg÷身長m÷身長m)が男性は21~27、女性は21~25の範囲内に、体重を維持しておくことが勧められています。

体をよく動かして肥満を解消

日頃から、よく体を動かすことには、「肥満解消」「免疫機能の増強」など多くの効果があります。最近、特に注目されているのは「インスリン抵抗性」に関係することで、よく体を動かし、エネルギー源として糖を使用し続けると、インスリン抵抗性が改善することがわかっています。日常生活で身体活動量が多い人ほど、がんが発生するリスクは低いことがわかっています。
ふだんあまり体を動かしていない人は、日常生活を活動的に過ごすことを意識しましょう。電車では座らないで立つ、掃除する場所を増やす、自宅の周りを散歩するなど、少しでも活動的に暮らすようにします。また、気軽に行えて長く続けやすい運動を生活に取り入れて、習慣にできればさらに効果的です。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    ここまでできる!がん予防~十勝公開スペシャル~「自分に合った体づくり」