脳梗塞の発症後、8時間以内なら行える血管内治療。カテーテルで血栓を取り除く新しい治療法

更新日

日常生活での接し方のポイント

脳梗塞を発症してから4時間半を過ぎた場合でも、8時間以内であれば血管内治療を行うことができます。
血管内治療はt-PAが受けられない場合や、太い血管に大きな血栓が詰まっていてt-PAの効果が得られにくい場合などに行われます。
血管内治療は、脚の付け根の動脈からカテーテルを脳の血管に送り込むことで治療します。カテーテルの先端についたデバイス(医療用装置)で、脳の血管に詰まっている血栓を取り除き、血流を再開させるのです。
最近では、機能的で安全性の高いデバイスが登場したことで、後遺症を残さなくてすむケースが増えてきました。デバイスには、ステント型と吸引型の2種類があります。

ステント型

ステント型

ステントとは、金属製の網目の筒状のものです。これをカテーテルによって血栓が詰まっている部分まで挿入します。目的の地点でステントを広げ、血流を確保しながら血栓をからめ取ります。そしてステントと一緒に血栓を抜き取ります。

吸引型

吸引型

吸引機能を持つデバイスです。カテーテルの先端に装着して、血栓が詰まった部分まで送り込み、手元のスイッチを入れて血栓を吸い取ります。その後、慎重にデバイスを引き抜いて回収します。