人類を救う理想のアブラ!? オメガ3との付き合い方

更新日

今、スーパーマーケットの油売り場で、必ずと言っていいほど目に留まる「オメガ3脂肪酸」、皆さんご存じでしょうか?実はこれ、油脂を構成する成分のひとつ。美容や健康に良いという研究報告が相次ぎ、世界中で注目されています。でも、一体なぜなのか?最新研究から見えてきたそのメカニズムと、日々の暮らしで効率よく摂取する方法をご紹介します。

オメガ3脂肪酸 発見のきっかけはイヌイット特有の食文化

オメガ3脂肪酸が世界的に脚光を浴びたきっかけ、それは、50年ほど前にデンマークで行われた大規模な疫学調査です。なんと、北極圏に住む先住民族のイヌイットは、一般的なデンマーク人に比べて、動脈硬化が原因となって起きる心筋梗塞による死亡率が有意に低かったのです。生理学者のヨーン・ダイヤベルグ博士は、その理由を解明するためイヌイットと暮らしを共にしながら調査。すると、彼らが一般的なデンマーク人よりもオメガ3脂肪酸を極めて多く摂取していることが明らかになりました。ダイヤベルグ博士によれば、イヌイットの1日あたりのオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の摂取量は13.4gにも達するといいます。現在、日本の厚生労働省が推奨する目標値が1日あたり1gですから、私たち日本人の実に10倍以上!

では、彼らは一体どんなものを食べているのか?私たちは、人口の8割がイヌイットといわれる、カナダ・ヌナブト準州の州都イカルイトを訪ねました。長老たちの食事会にお邪魔すると、皆さんが好んで食べているのは、アザラシやクジラ、シロイルカなどの脂身。さらに、脂がたっぷり乗ったシロクマの肉も皆さんおいしそうに召し上がっていました。いずれも、オメガ3の一種、DHAとEPAが極めて豊富に含まれています。

クジラの皮下脂肪を切り分けるイヌイットの女性
クジラの皮下脂肪を切り分けるイヌイットの女性

彼らのソウルフードのひとつ、あざらしスープを試食させて頂くと、かつおだしをきかせた「けんちん汁」のような味わい。さらに、シロクマの肉も頂くと、食感は牛バラ肉とそっくりなのに、香りはまるでブリのあら煮のよう。どこか日本人に馴染みのある不思議な味わいでした。

シロクマの肉はDHAとEPAが豊富
シロクマの肉

一体なぜ? オメガ3脂肪酸の健康パワー

なぜオメガ3脂肪酸を豊富に摂ることが動脈硬化の予防につながるのでしょうか?そのメカニズムについてまだ研究途上ですが、重要なのは「柔軟な細胞を生み出す材料」になることだと考えられています。実は、オメガ3脂肪酸は、小腸から吸収されると、全身の細胞全ての細胞膜を構成する大切な材料になります。飽和脂肪酸など、ほかの脂肪酸も細胞膜の材料になりますが、オメガ3脂肪酸が適度に含まれることがカギなのです。

さらに、オメガ3脂肪酸特有の分子構造が、曲がりくねった独特の形をしていることが、細胞膜に良い効果をもたらすことが最近の研究で分かってきました。例えば、飽和脂肪酸はまっすぐな棒状で隣の分子と接する面積が大きくなります。摩擦が大きくなるため、分子同士が密着し、動きにくい状態になります。すると、細胞膜が固く締まってしまうのです。一方、曲がりくねったオメガ3脂肪酸は、隣の分子と接する面積が非常に小さくなり、摩擦が減ります。車輪のような状態になるため、細胞膜が柔軟に変形できるようになるのです。

細胞膜の表面を拡大した図。棒状の物質の間に曲がったオメガ3脂肪酸が入り込むと、細胞膜が柔軟に変形しやすくなる
細胞膜の表面を拡大した図。
(棒状の物質の間に曲がったオメガ3脂肪酸が入り込むと、細胞膜が柔軟に変形しやすくなる)

血液中に含まれる赤血球にオメガ3脂肪酸が多ければ、柔軟に変形できるようになり、毛細血管の隅々まで血液が行き渡るようになります。これが血液循環を良くすることにつながり、動脈硬化の予防につながると考えられるのです。

微細な血管の中を柔軟に変形しながら通過する赤血球(青色)
微細な血管の中を柔軟に変形しながら通過する赤血球(青色)
画像提供:自治医科大学 西村智教授

オメガ3脂肪酸を効率的に摂取するには?

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれる食材は何か?七訂食品成分表を見てみると、マグロのトロやイワシ、サンマ、サバなど。変わり種だとあん肝や、イクラ、キャビアなどの魚卵。ひとつひとつ覚えるのは大変ですよね。実は、魚介類の脂の乗った部位なら何でもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

コストパフォーマンスが高いのは、イワシ・サンマ・サバの水煮缶やみそ煮缶。麻布大学の守口徹教授に分析してもらったところ、市販品ではいずれも100gあたり2000㎎を超えるオメガ3脂肪酸が検出されました。厚生労働省の摂取目標の2倍です。

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれるイワシの水煮缶

オメガ3脂肪酸は、たんぱく質と一緒に摂ると、胆汁が分泌され、より効率的に吸収されることもわかっています。ですので、魚介類で摂った方がサプリメントよりも吸収率が良いそうです。ただし、オメガ3脂肪酸がいくら豊富といっても、例えば、魚卵を食べすぎたら塩分やプリン体などの過剰摂取にもつながります。ほどほどが大事です。

少し注意が必要なのは、アマニ油やエゴマ油などの食用油です。確かにオメガ3脂肪酸が含まれていますが、魚介類に多いEPAやDHAとは異なり、αリノレン酸という成分です。このαリノレン酸は、私たちの身体の中でDHAやEPAに変換されないと、良質な細胞膜の材料にはなりません。しかし、その変換効率は5%~10%ほど。また、乳幼児はこの変換能力が成人に比べて低いという報告もあります。できるだけ魚介類を食べるのがオメガ3脂肪酸を効率的に摂ることにつながりそうです。