脳梗塞の前兆「一過性脳虚血発作」とは?症状がおさまっても油断は禁物!?

更新日

脳梗塞の前兆に要注意

脳梗塞の前兆に要注意

脳梗塞の3つの症状「体の片側がうまく動かない」「思うように話せない」「見え方がおかしい」が現れたあと、数分から数十分ほどで自然に症状が消えてしまう場合があります。場合によっては、症状が1時間以上続く場合もありますが、長くても24時間以内にすっかり消えてしまいます。これを一過性脳虚血発作(TIA)といいます。血栓が脳の血管に詰まってしまったものの、短時間のうちに血栓がとけて血流が再開するために症状が消えるのです。
一過性脳虚血発作は、本格的な脳梗塞の前兆であるので、決して安心してはいけません。治療せずに放置すると3カ月以内に6人に一人が脳梗塞を発症し、その半数が48時間以内に脳梗塞を発症するというデータがあります。症状が消えたからと安心せずに早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

ためらわず救急車を呼ぶ

ためらわず救急車を呼ぶ

脳梗塞はもちろんのこと一過性脳虚血発作(TIA)の症状が現れたときは、迷わずに救急車を呼び、神経内科や脳神経外科など脳卒中の専門医がいる医療機関に搬送してもらい、適切な診断と治療を受けましょう。 夜間に軽い症状が現れているような場合、「寝れば治る」と、朝まで様子を見てしまうケースが多くあります。ためらわずに救急車を呼びましょう。