腕・手に力が入らない時は危険!脳梗塞で起こる3つの症状をチェック

更新日

脳梗塞3つの症状

脳梗塞は、下記3つの症状が突然現れます。

  1. 体の片側がうまく動かない
  2. 思うように話せない
  3. 見え方がおかしい

これらの症状が1つでも現れたら危険な状態です。

1. 体の片側がうまく動かない

「腕」「脚」「顔」の片側に麻痺が起こります。
「腕」に麻痺が出た場合は、手のひらを上に向けて両腕を前に伸ばすことで、脳梗塞による症状かどうか、素早くチェックすることができます。麻痺が出ている腕は、力が入らないため、手のひらが内側に向いて、腕が下がってきます。
「脚」に麻痺が出た場合は、麻痺のある側の脚に力が入らず、体が傾いてうまく歩くことができません。
「顔」に麻痺が出た場合は、本人はほとんどわかりませんが、いつも顔を合わせている家族などが見れば、いつもと顔が違って見えます。

1. 体の片側がうまく動かない

2. 思うように話せない

「ろれつが回らない」場合があります。「今日はいい天気です」など、短い文章を繰り返して発音してみます。言いにくかったり、途中の言葉や語尾が抜けたりします。
また、思うように言葉が出てこない、言ってることが理解できないなどの「失語症」も起こる場合があります。たとえば、「めがね」などを指差して「これは何ですか?」と質問されたとき、「めがね」と答えられないことがあります。

3. 見え方がおかしい

3. 見え方がおかしい

両目で見ても、左右どちらかの目だけで見ても、同じ側の視野の半分が欠けてしまいます。目の病気と勘違いして、眼科を受診してしまうケースもありますが、これは脳梗塞の症状なので注意が必要です。