公表資料戻る

2019年12月27日

 

第1回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年7月23日(火)17時30分〜17時45分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、佐藤委員、高橋委員、中島委員、
長谷川委員、村田委員、渡邊委員

欠席者 : 井伊委員、槍田委員、堰八委員

 

1.指名部会規則およびNHK会長任命にかかる内規(平成23年6月28日制定)に基づいて、現任会長の任期満了日の6か月前に指名部会を招集した。

 

2.指名部会規則、NHK会長任命にかかる内規、NHK次期会長の資格要件(過去分含む)等をもとに、過去4回の会長任命の経緯について確認した。

 

3.今後のスケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

4.今後の一連の会長任命の経過に関する情報の管理を厳格に行うため、放送法、経営委員会規程および経営委員の服務に関する準則の遵守につき誓約書を配付し、欠席者を除く全委員および事務局長、事務局長補佐役から署名、提出がなされた。

 

 

以 上

 

 

第2回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年8月27日(火)17時10分〜17時30分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、槍田委員、佐藤委員、堰八委員、高橋委員、
中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

欠席者 : 明石委員、井伊委員

 

1.現行の指名部会規則およびNHK会長任命にかかる内規を確認し、今回の手続きでは変更は行わず、まずは現行の内規に沿って手続きを進めることとした。

 

  • (内規の概要)
  • ○ 指名部会は、現会長の任期満了日の6か月前に招集する。
  • ○ 指名部会は、次期会長の任命のための評価基準に資するため、NHKの業務の状況の確認を行う。
  • ○ 指名部会は、現任会長の業績評価を行い、現任会長を次期会長任命の候補者として選定するかについて審議し、指名部会委員の過半数の賛成により会長候補者として決定する。
  • ○ 次期会長について複数候補者を想定したうえで、現任会長が会長候補者として選定されるか否かにかかわらず、他の会長候補者の推薦手続きを実施する。
  • ○ 現任会長以外の人物について、会長候補者とする場合には、その都度各人毎に過半数による賛成をもって会長候補者とする。これにより、会長候補者が複数となることもあり得ることになる。
  • ○ 指名部会は、会長候補者が複数存在する場合には、最終会長候補者を1名に絞り込むための審議を行い、指名部会委員の過半数による賛成をもって最終候補者1名を選定する。この場合、可否同数の場合には再度議決を行い、それでも可否同数の場合には部会長の決するところによる。
  • ○ 指名部会長が最終会長候補者から就任の内諾を得た場合、経営委員長が経営委員会を招集し、経営委員会にて放送法に基づき議決を行い、経営委員9名以上の賛成により会長任命を決定する。
  • ○ 選定過程での情報管理は厳格に行う。なお、経営委員には、放送法、経営委員会規程および「経営委員の服務に関する準則」の遵守につき誓約書の提出を求める。なお、これは監査委員会にて管理する。

 

2.会長任命までのスケジュールを共有し、次回の指名部会で、NHK次期会長の資格要件について議論することを確認した。

 

3.前回欠席した委員から誓約書が提出された。

 

 

以 上

 

 

第3回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年9月24日(火)16時00分〜16時40分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、井伊委員、槍田委員、佐藤委員、
高橋委員、中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

欠席者 : 堰八委員

 

1.NHK次期会長の資格要件について、過去4回に公表された内容(平成19年11月27日決定、平成22年12月7日決定、平成25年11月26日決定、平成28年10月11日決定)および平成23年6月の内規制定の際の議論を踏まえて意見交換を実施した。次回の指名部会で、NHK次期会長の資格要件を確定させることとした。

 

 (主な意見)

  • 放送と通信がさらに重要になることを考えると、「公共放送としての使命」を「公共メディアとしての使命」とする考え方もある。放送法に基づくため、文言はそのまま「公共放送」だとしても、次期会長としては、「公共メディア」の意識を持つことが重要で、それをわれわれが共通認識として持っておくということでよいのではないか。
  • 「政治的に中立」については、放送法第31条に定めること以上に何か意味を持たせるというよりも、経営委員会が外部に対してきちんと説明できるということが重要であると思われる。そして、本人が中立的に行動できるということが重要である。
  • 「ガバナンス」など、個別具体的な表現を入れる案もあるが、Cの「リーダーシップ」やDの「新しい時代の要請に対し、的確に対応できる経営的センス」などで読み取ることができる。そして@の「公共放送としての使命」の中にすべて含まれるものである。

 

2.今後の内規上の手続き、スケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

3.次回の指名部会で、NHKの業務状況の確認を行うこととした。

 

 

以 上

 

 

第4回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年10月15日(火)17時20分〜18時00分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、井伊委員、佐藤委員、堰八委員、
高橋委員、中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

欠席者 : 槍田委員

 

1.前回の指名部会での意見を再度確認し、NHK次期会長の資格要件について、次のとおりとすることで合意した。なお、NHK次期会長の資格要件については本日の記者ブリーフィングで公表することとした。

  • 【NHK次期会長の資格要件】
  • 1  NHKの公共放送としての使命を十分に理解している。
  • 2  政治的に中立である。
  • 3  人格高潔であり、説明力にすぐれ、広く国民から信頼を得られる。
  • 4  構想力、リーダーシップが豊かで、業務遂行力がある。
  • 5  社会環境の変化、新しい時代の要請に対し、的確に対応できる経営的センスを有する。

 

2.NHK次期会長の任命の評価基準に資するため、上田会長からNHKの業務状況の説明を受け、確認を行った。

 

3.今後の内規上の手続き、スケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

 

以 上

 

 

第5回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年10月29日(火)17時20分〜17時40分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、井伊委員、槍田委員、佐藤委員、堰八委員、
高橋委員、中島委員、長谷川委員、渡邊委員

欠席者 : 明石委員、村田委員

 

1.次期会長候補者の推薦期間に入るにあたり、あらためてスケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

2.現任会長以外の会長候補者の推薦について、具体的な手続き(推薦受付期間、提出先、提出方法、推薦書に記載する事項)を確認した。

 

3.次回の指名部会で、現任会長の業績評価の審議を開始することを確認した。

 

 

以 上

 

 

第6回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年11月12日(火)16時30分〜17時20分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、井伊委員、槍田委員、佐藤委員、
堰八委員、高橋委員、中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

 

1.現任会長の業績評価について、任期中の成果と課題を確認し、意見交換を行った。現任会長を会長候補者とするかどうかの採決は、他の被推薦者と同時に行うことを確認した。

 

2.具体的な推薦手続きに入る前に、あらためて次期NHK会長の資格要件および放送法が定める会長の欠格事由(放送法第52条第4項および同項が準用する第31条第3項)について確認し、委員間で認識を共有した。

 

3.今後のスケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

 

以 上

 

 

第7回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年11月26日(火)16時00分〜16時25分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、井伊委員、槍田委員、佐藤委員、
堰八委員、高橋委員、中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

 

1.今後のスケジュールを確認し、委員間で認識を共有した。

 

 

以 上

 

 

第8回指名部会議事録

 


日  時 : 2019年12月9日(月)10時00分〜12時10分

場  所 : 22階経営委員会室

出席者 : 石原指名部会長、森下委員、明石委員、井伊委員、槍田委員、佐藤委員、
堰八委員、高橋委員、中島委員、長谷川委員、村田委員、渡邊委員

 

1.現任会長の業績評価について、すべての委員が一人ずつ意見を述べ、審議を行った。

 

2.推薦受付期間内に提出された現任会長以外の次期会長候補者の推薦書を開封し、その写しをすべての委員に配付した。

 

3.複数の被推薦者について、一人ずつ推薦者が経歴および推薦理由の説明を行い、資格要件、欠格事由等に照らして審議を行った。

 

4.すべての被推薦者の審議の後、現任会長を会長候補者とするかについて、また各被推薦者を会長候補者とするかについて、無記名での投票による採決を行った。その結果、指名部会委員の過半数の賛成を得た被推薦者は1名のみであった。

 

5.指名部会委員の過半数の賛成を得た被推薦者である下記の者について、同人を最終会長候補者に選定することについて、委員全員の確認が得られた。

 

  • 【最終候補者氏名】
  • 前田晃伸氏
    みずほフィナンシャルグループ名誉顧問
  • 【推薦理由】
  • ○ 次期会長の資格要件を満たしていることを委員全員が認めたこと。
  • ○ メガバンクにおいて大きな改革をしてきた実績があり、人をまとめる力、改革を推進する力があること。
  • ○ リーダーシップを発揮し、上田会長の進めている改革を、スピード感をもってよりいっそう推進できると期待されること。

 

6.指名部会での最終候補者の決定を受け、最終候補者の意向確認の進め方について確認し、指名部会長がその場で最終候補者に電話をかけて行うこととした。

 

7.石原指名部会長から前田晃伸氏に電話をかけ、次期NHK会長就任の意向を確認した。前田氏が最終候補者として選定されたこと、NHK会長任命を審議する経営委員会で委員12名中9名以上の賛成があれば次期NHK会長に決定、任命されること、NHK会長に就任する意向がある場合、経営委員会で所信表明を行う必要があることを伝え、本人の内諾を得た。

 

8.前田氏より内諾を得たため、経営委員会を開催し、放送法第52条第1項にもとづく次期NHK会長任命に関する審議、議決を行うべきとの決定がなされた。

 

 

以 上