退任した経営委員美馬 のゆり(みまのゆり)一覧へ

現 職 公立はこだて未来大学 システム情報科学部教授

在任期間 平成25年6月20日〜平成28年6月19日

経営委員として目指すもの

これまで、情報通信技術の教育的利用や、科学リテラシーおよび科学コミュニケーションの促進について、実践研究や地域活動を行ってきました。また、大学や科学館の設立やその運営にも携わってきました。これらの経験を活かし、NHKの番組のあり方だけでなく、研究開発機能や国際的活動から地域メディアにいたる、NHKの社会的使命を踏まえ、組織運営、予算と事業、人材育成など、これからのNHKのあるべき姿を模索しつつ、経営委員としての役割を果たしていきたいと考えます。

好きな言葉、モットー

The best way to predict the future is to invent it.
 (未来を予測する最良の方法は、自らそれを創りだすことである)
ファンタジー、ビジョン、リアリティ
 (想像力と創造力を駆使し、望ましい未来を描き、現実世界とのつながりを示す)

心に残った番組

NHKスペシャル、ETV特集、クローズアップ現代など、社会の問題を浮き彫りにし、深く掘り下げ、課題を提起する番組に、テレビというメディアの使命を感じます。また、芸術や文化の新しい見方やあり方、先端の科学技術の内容とその課題を紹介する番組も、多様な視点を提供してくれています。さらには、NHKの持つ膨大なアーカイブスを現代の視点で切り取り、再編集した番組も、今後の社会を考えていく上で示唆に富むものが多くあります。

自由記述

新しいテクノロジーの出現で、生活や仕事、遊び、学習の形態は、世界規模で大きく変化してきています。このような状況にあって、どのような社会や世界のありかたが望ましいのか。次世代の人たちにはどのような知識やスキルが必要か。よりよい未来を創っていくために、メディアの果たす役割は大きいと考えます。

美馬のゆり

委 員

美馬 のゆり