委員長記者ブリーフィング戻る
経営委員会後の委員長記者ブリーフィング発言要旨

 

2019年10月29日(火)(第1339回) 石原委員長、森下代行

 

【石原委員長】

  • 10月26日に高松放送局で開催した「視聴者のみなさまと語る会」について、出席した委員から、参加の感想の報告を受けた。38人の参加があり、多くの貴重なご意見やご要望をいただいたとのことだった。
  • NHKのガバナンスについて、意見交換を行った。前回10月15日の経営委員会で決定・公表した「会長への申し入れ」に関する議事経過を、当時の議事録に記載することにした。
  • 説明会を開催し、「民放との連携について」執行部から説明を受け、意見交換を行った。
  • 監査委員会報告は、
    (1) 子会社の管理の状況
  • 会長報告は、
    (1) 放送受信料の支払いを求める訴訟の提起等について
  • 議決事項は、
    (1) 公益財団法人放送番組センターへの出捐について
    (2) 中央放送番組審議会委員の委嘱について
  • 報告事項は、
    (1) 2019年度第2四半期業務報告
    (2) 視聴者対応報告(2019年7〜9月)について
    (3) NHK情報公開・個人情報保護の実施状況(2019年度上半期)
    (4) 契約・収納活動の状況(2019年9月末)
    (5) BS4K8K向けCASメッセージの運用開始について
    (6) 地方放送番組審議会委員の委嘱について
  • 審議事項は、
    (1) 令和2年度予算編成の考え方

    なお、令和2年度予算編成に関しては、提案・審議の内容や議事録について、議決まで非公表。

  • 指名部会を開催し、今後のスケジュールと手続きの確認を行った。

 

以上