委員長記者ブリーフィング戻る
経営委員会後の委員長記者ブリーフィング発言要旨

 

平成29年12月26日(火)(第1297回)石原委員長、本田代行

 

【石原委員長】

  • 12月16日に高知放送局で開催した「視聴者のみなさまと語る会」について、出席した委員から感想を聞いた。当日は、視聴者の皆さま32名が参加され、多くの貴重なご意見やご要望をいただいたとのことだった。
  • 監査委員会から、
    (1) 平成29年9月25日から12月24日までの監査委員会の活動結果報告
    (2) 子会社の管理状況
    について、報告を受けた。
  • 会長報告は、
    (1) 職員の不祥事に関する処分と再発防止策について
    (2) 記者の勤務制度の見直しについて
    (3) 総務省「放送を巡る諸課題に関する検討会」について
  • 議決事項は、
    (1) 非現用不動産の売却について
    (2) 中央放送番組審議会委員の委嘱について
  • 審議事項は、
    (1) NHK3か年計画(2018-2020年度)案
    (2) 平成30年度収支予算編成要綱
  • 報告事項は、
    (1) 契約・収納活動の状況(平成29年11月末)
    (2) 予算の執行状況(平成29年11月末)
    (3) 地方放送番組審議会委員の委嘱について
  • その他事項は、
    (1) NHKグループ経営改革の進捗状況について

       (株)NHKメディアテクノロジーと(株)NHKアイテックの経営統合に関する基本合意がなされたとの報告を受けた。

  • 「NHK3か年計画(2018−2020年度)」についての集中討議として、NHK国際発信の取り組みについて執行部から説明を受け、意見交換を行った。

 

以上