経営委員会とは(経営委員会の仕事)

 NHKには、経営に関する基本方針、内部統制に関する体制の整備をはじめ、毎年度の予算・事業計画、番組編集の基本計画などを決定し、役員の職務の執行を監督する機関として、経営委員会が設置されています。経営委員会は、放送法により、その設置および権限、組織、委員の任免、運営、議決の方法、議事録の公表義務等が規定されており、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ12人の委員で構成されています。委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、内閣総理大臣により任命されます。

 経営委員会は、会長以下の役員に対する目標管理・業績評価を行い、評価結果を処遇に反映させるなど、執行部に対するガバナンスを強化し、監督を行っています。

 平成20年4月にはNHKのガバナンス強化を盛り込んだ改正放送法が施行され、経営委員会の権限がよりいっそう明確化されました。新たな取り組みとして、権限の適正な行使に資するため、経営委員会が視聴者の皆さまから直接ご意見をうかがう会合を各地で開催します。

 

 

★ 各種規程

  ● 経営委員会規程

  ● 経営委員会委員の服務に関する準則

  ● 経営委員会委員の報酬支給基準