NHKの関連団体について

関連団体による財政貢献

【1】子会社からの配当
◇直接出資子会社の過去の配当実績
  • NHKの子会社は、公共放送の関連団体として、経営基盤を強化するため、配当については抑制してきました。
  • 平成17年度、子会社の経営基盤が安定してきたと判断して、NHKは積極的な配当を求める方針に転換しました。
  • 平成18年度以降、財務状況に応じて積極的に大型配当を実施し、NHK財政に大きく貢献しています。
    単位:百万円
    22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
    配当総額 2,943 3,451 2,916 2,201 2,679 2,145 7,216
    NHK受取配当金 1,784 2,211 1,863 1,394 1,776 1,383 5,148
◇子会社による今後の配当方針
  • 経営・資金両面で比較的安定している子会社には、今後も積極的な配当の実施を求めていきます。
【2】副次収入
◇過去の副次収入の実績
  • 副次収入とは、「NHK番組の活用」「特許・技術協力」などによる受信料以外の収入で、受信料負担の抑制につなげています。
    単位:億円
    21年度 22年度 23年度 24年度※ 25年度※ 26年度※ 27年度※
    NHKの副次収入の総額 84.1 85.6 80.9 75.9 77.9 79.1 80.4
    関連団体からの副次収入の額
    (副次収入総額に占める割合)
    69.3
    (82.4%)
    69.4
    (81.0%)
    66.9
    (82.7%)
    59.7
    (78.6%)
    62.9
    (80.7%)
    61.4
    (77.6%)
    56.9
    (70.7%)

    ※24年度から税抜き

↑ページトップへ