2019年04月19日 (金)東京五輪新種目 【浦野莉恵】

 

こんにちは、スポーツ担当の浦野です。

 

今週の火曜日に放送した「2020への挑戦者たち」

今回は、東京オリンピックの新種目「3×3」に挑戦する

小寺裕介選手を紹介しました。

 

blog1.JPG

 

小寺選手への取材を通して私が感じたことは

「バスケットが大好きだ」という強い思い、

「東京オリンピックがラストチャンスだ」という覚悟です。

 

 

小寺選手は、もともと5人制でプレーしていましたが

右足の怪我などが原因で競技を引退、

その後「3×3」で選手として復帰した経歴があります。

 

競技を引退してから復帰するまでの間、

小寺選手の中で「まだバスケットを続けたい。

大好きなバスケットを思いっきりやりたい」という気持ちは

なくならなかったと話してくれました。

 

小学校でバスケットボールを始めた小寺選手、

すきなものと20年以上全力で向き合っている姿は

本当に格好良いです。

選手としてバスケットをすることを諦め、

趣味で続けていく道もあったと思います。

それでも選手としてコートに立つことにこだわり、

今も現役のプレーヤーでいることは

1つのものに熱中する、強い意思を感じました。

小寺選手の芯の強さ、一生懸命取り組む姿勢を

私も見習いたいです!

 

 

もう1つ印象に残ったのは「ラストチャンス」という言葉です。

 

小寺選手は「日の丸を背負ってプレーできるのは、

人生で一度あるかないかのチャンスだ」と話していました。

34歳の小寺選手にとって、東京オリンピックは

日本代表としてプレーできる最後のチャンスかもしれません。

 

今まで選手人生で全国大会や世界大会とは

無縁の生活を送ってきたと話していた小寺選手。

諦めずにバスケットを続け、

今、東京オリンピックの日本代表候補であることは

小寺選手の努力や粘り強さが結果に結びついたのだと思います。

 

「これがラストチャンス」と覚悟を決めて挑む東京オリンピック。

日本代表入りの夢を叶えてください!!

 

 

**************************

 

来週月曜日のスポーツコーナーでは

9試合を終えて8位と好調なツエーゲンについて紹介します!

コスタリカから移籍してきたクルーニー選手について

詳しくお伝えする予定ですので、お楽しみに♪

 

投稿者: 浦野 莉恵 ,   | 投稿時間:17:56


ページの一番上へ▲