紀行

第46回

「東京都大田区/神奈川県横浜市・鎌倉市」

東京都大田区。多摩川浅間せんげん神社は、政子頼朝の武運長久を祈ったことから始まった神社です。

多摩川浅間神社

頼朝安房から鎌倉を目指し出陣した際に、身を案じて後を追った政子がこの地を訪れたと伝わります。

頼朝の死後、政子は菩提を弔うために多くの寺を建立しました。神奈川県横浜市の雲林寺もその一つです。創建に政子が関わったと伝わり、本堂には政子位牌いはいが安置されています。

雲林寺

神奈川県鎌倉市。政子ゆかりの寺・安養院は、ツツジの名所としても知られています。

安養院

現在の鎌倉文学館が建つ場所に安養院の前身・長楽寺がありました。元は頼朝のための寺でしたが、泰時政子を弔うように命じたといいます。

鎌倉文学館(長楽寺跡)

将軍不在の鎌倉で、政子は「尼将軍」として影響力を強めたのです。

「多摩川浅間神社」

東京都大田区

東急電鉄「多摩川」下車、徒歩2分

「雲林寺」

神奈川県横浜市

JR「戸塚」下車、徒歩15分

「安養院」

神奈川県鎌倉市

JR「鎌倉」からバス「名越」下車、徒歩3分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します