スイーツに秘められた珠玉の物語

ストーリー

    もっと見る

    10月15日放送 パリジェンヌのマカロン

    お菓子好きのパリジェンヌが、最も様になるお菓子、それが「マカロン」。カフェで優雅にマカロンをほおばりながら過ごす彼女たちのまわりには、どこかゆったりとした時間が流れている…。

    宝石のようなスイーツ、マカロン。それは、パリのカフェ文化の中で洗練されてきたスイーツ。

    パリではマカロンのない店はパティスリーすなわちケーキ屋とは呼べないというくらい、パリジェンヌたちにとってなくてはならない存在です。

    鮮やかな色、丸いフォルム。パリジェンヌたちをひきつけるマカロンの魅力。番組では、小さなマカロンに秘められた奥深い世界、パリジェンヌたちがこよなく愛するマカロンの深い深い世界に迫っていきます。

    フランスでマカロンが作られるようになったのは16世紀頃から。
    地方によって個性豊かな形のマカロンが生まれました。蜂蜜を練り込んだ、ねっちりした食感のもの、表面はひび割れ、中はしっとりしたクッキーのようなもの、卵白と砂糖が多めでふんわりしたものなど。

    そして、皆さんよくご存知なのが、マカロン・パリジャン。
    その歴史は最も浅くわずか数十年。おしゃれな丸いフォルムで、瞬く間にフランス全土を席巻。その勢いは世界中に広がり、日本にも5~6年前、マカロンブームが巻き起こりました。

    今や日本流にアレンジしたものも登場。ゆず胡椒(こしょう)やほうじ茶など季節の味を練り込んでいます。日本は、パリに勝るとも劣らないマカロン大国となってきました。

    日本ではあまり見かけないマカロンがパリにはあります。
    それは・・・直径7~8センチもある大きなマカロン。
    パリでは、大きなマカロンが町のあちこちで売られています。それをパリジェンヌたちは、歩きながらほおばったり、おしゃべりしながらゆっくり味わったり・・・マカロンは日常にさりげなくとけこんでいるのです。

    マカロン・パリジャンの魅力は、作り手をもとりこにしてしまいます。
    高度な技術が必要なマカロン作り。しかし、難しければ難しいほど、職人たちを夢中にさせる不思議な魔力を持っています。そんなマカロン・パリジャンに魅せられた1人の日本人パティシエ・木村成克(しげかつ)さん。
    「マカロンを焼くことができるのは専門の職人だけ」というパリのパティスリーでその腕を認められた人です。日本人のマカロン職人はほとんどいない時代でした。マカロンとの出会いを木村さんはこう言います。
    木村さんのコメント:「ほとんどが上手くいかない。10回やったら1回うまくいくかいかないかくらいなんで。その理由がよくわからないんですね。」
    そんな難しいお菓子に初めて出会った木村さんは、絶対にマカロンが焼けるようになると決めたのです。パリの老舗に見習いとして入った木村さんは、マカロン専門職人の傍らで必死に学びました。

    木村さんが思う「パリジェンヌのマカロン」とは?

    木村さんのコメント:「カフェでセレブなマダムがテラスでコーヒーを飲みなら大きなマカロンをゆっくりとほおばる、優雅に。オーラがあるんですよね。」
    時間をかけて味わい、マカロンの中にある世界に思いを馳せる。
    それが「パリジェンヌのマカロン」。

    今から10年ほど前、フランスのお土産にもらったマカロンに感動して以来、マカロンをひたすら食べ続けているという夫妻をご紹介。夕食が終わったと思ったら、すぐにマカロンタイム! お二人がこれまでに食べてきたマカロンの合計はなんと4000個以上!まだまだ今までにない食感や新しい味や新しい味に出会えるところがマカロンの魅力です。

    パリジェンヌたちはマカロンをお菓子として楽しむだけじゃありません。老舗のシェフ・パティシエにおしゃれなマカロンの食べ方を教えてもらいました。
    「グルメな人は朝食にマカロンを食べます。マカロンで幕を開ける1日は最高です。さらに洗練された人は夜にもマカロンを食べます。シャンパンとマカロンの相性は格別です。マカロンの繊細なおいしさを味わうにはおすすめの食べ方です。」

    魅惑のレシピはこちら

    今宵の名シーン

    今宵の名シーン1

    表面はひび割れ、中はしっとりしたクッキーのような、ロレーヌ地方のマカロン

    今宵の名シーン2

    世界的なパティシエの代表作、バラとフランボワーズとライチのマカロン。

    今宵の名シーン3

    パリでも人気のチョコレートアイスのような棒付きマカロン

    今宵の名シーン4

    時間をかけて味わい、マカロンの中にある世界に思いを馳せる。

    今宵の名シーン5

    老舗のシェフ・パティシエエルワン・ブアさん

    このページの先頭に戻る