スイーツに秘められた珠玉の物語

レシピ

レシピ活用ガイド

  • 印刷してゆっくりレシピを見る方法
  • iPadで画面がすぐ消えてしまう
  • スマートフォンでレシピを見るには?
  • ソーシャルブックマークってなに?

レシピ監修・調理指導 百野 浩史 エコール辻 東京

辻調グループ校
※クリックするとNHKサイトをはなれます。

スイーツ掲示板

BACK レシピ一覧に戻る

1月19日(土)放送 “マーサの幸せレシピ”のティラミス

ティラミス

監修 エコール 辻 東京 百野 浩史 先生
濃厚なマスカルポーネチーズのクリームとサヴォイアルディというビスケットが入った、本場イタリアの味。
マルサラ酒の香りも豊かな、大人の女性を元気にしてくれるティラミスです。

“マーサの幸せレシピ”のティラミス

材料 さあ、はじめましょうか!

◆21cm×21cm×6cmの容器 1台(4~6人分)
<サヴォイアルディ>
 卵 100g M玉2個分  卵黄と卵白に分ける
 グラニュー糖 60g  
 薄力粉 60g  
 粉砂糖 適量  
<クリーム>
 卵黄 80g M玉4個分
 グラニュー糖 60g  
 白ワイン 75ml  
 マルサラ酒(甘口) 75ml ※シチリア特産のアルコール度数の高いワイン。白ワイン50mlとブランデー25mlで代用可能。
 マスカルポーネチーズ 200g  
 生クリーム 180g 乳脂肪分47%
 卵白 60g M玉2個分
 グラニュー糖 20g  
<シロップ>
 エスプレッソ 200ml 濃いコーヒーで代用可
 グラニュー糖 20g  
<仕上げ>
 ココアパウダー 適量  
 インスタントコーヒー 適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ

キメテ コクがあってビター

オキテ1 サクッと軽めに

オキテ2 ここからはノンストップ!


オキテ1


オキテ1

閉じる

作り方

スマートフォンの方はこちら印刷用PDFはこちら

準備

■卵を割りながら卵黄・卵白に分ける。
■薄力粉はふるっておく。

サヴォイアルディを作る

step1
ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。ムース状になればグラニュー糖の半量を加え、さらにしっかり泡立て、角が立つようになれば残りのグラニュー糖を加える。

step1

step2
ステップ1に卵黄を一度に加えて混ぜ、薄力粉を加えてゴムベラを使って切るように混ぜる。 薄力粉が見えなくなれば生地のでき上がり。

step2

step3
直径11mmの丸口金をつけて絞り出し袋にステップ2を入れ、オーブンペーパーの上に長さ6cmの棒状に絞り出す。
粉砂糖を生地の表面に茶こしなどを使って薄く振り、粉砂糖が溶けたらもう一度振りかける。

step3

step4
ステップ3を180度のオーブンで15分くらい焼く。

step4
シロップを作る

step5
抽出したエスプレッソにグラニュー糖を加えて溶かし、冷やす。

step5
クリームを作る

step6
ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を加えて軽くすり混ぜ、白ワイン、マルサラ酒を加えて溶きのばす。湯煎で温めながらすり混ぜ、表面につやが出るまで泡立てる。
別のボウルにこし、粗熱をとるために氷水で冷やす。

step6

step7
別のボウルにマスカルポーネチーズを入れてゴムベラなどで軽く練り、生クリームを数回に分けて加えて混ぜ、なめらかになればステップ6と混ぜ合わす。

step7

step8
別のボウルに卵白を入れて泡立て、ムース状になればグラニュー糖を加えてしっかりとしたメレンゲを泡立てる。
ステップ7に加えて切るように混ぜる。

step8
組み立てる

step9
容器の底面に、シロップをしみ込ませたサヴォイアルディを敷き詰める。

step9

step10
ステップ9の上にステップ8のクリームの半量のせ、平らに広げる。
残りのサヴォイアルディにシロップをしみ込ませて並べる。さらに残りのクリームを入れて平らにならす。

step10

step11
表面にココアパウダーをふりかけて、さらにラップして冷蔵庫で2時間くらい冷やす。

step11
盛り付ける

step10
冷やしたステップ11をスプーンですくって皿に盛り付け、好みでココアパウダーやインスタントコーヒーを振りかけて仕上げる。

step12

たべごろと保存方法
当日中に召し上がってください。

完成

エスプレッソとマルサラ酒が香り立つ、大人のティラミス。

レシピ一覧に戻る

このページの先頭に戻る