BACK レシピ一覧に戻る
~カトリーヌ・ド・メディシスのズコット~より

ズコット

レシピ監修 エコール 辻 東京 中濱 尚美 先生

メディチ家からフランスに輿入れした美食の王妃カトリーヌが好んで食べたひんやりデザート。
チョコレートナッツとラズベリー、2種のクリームのコントラストを楽しんで。

【初回放送】2017年9月4日

ズコット

材料 さあ、はじめましょうか!

直径18㎝半球型 1個分
<スポンジ生地> 18㎝キャードル1台分
全卵 200g  
グラニュー糖 120g  
薄力粉 120g  
溶かしバター 40g 無塩バター
<シロップ>
30ml  
グラニュー糖 15g  
ラズベリーピューレ 45g  
キルシュ 5ml  
<チョコレートナッツクリーム>
生クリーム 150g 乳脂肪分42~47%
粉砂糖 25g  
チョコレート 25g  
アーモンド 12g  
ヘーゼルナッツ 12g  
キルシュ 15ml  
<ラズベリークリーム>
生クリーム 100g 乳脂肪分42~47%
粉砂糖 20g  
ラズベリーピューレ 50g  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテケーキ?アイスクリーム? まろやかさとさわやかさが際立つズコット

オキテ1三角形でスキマなく!

オキテ2クリームはくぼませて!

オキテ3溶けるのを待って!

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■半球型に薄くバター(分量外)を塗っておく
■アーモンドとヘーゼルナッツをローストしておく
■アーモンド、ヘーゼルナッツ、チョコレートを刻んでおく
■スポンジを焼く
【作り方】
・卵を泡だて器で軽くほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜ合わせ、
湯煎でひと肌程度の温度になるまで温める。
・温まれば湯煎から外し、白くふんわりときめ細かくなるまで、さらに泡立てる。
・ふるっておいた薄力粉を加え、粉気がなくなるまで、ゴムべらで切り混ぜる。
・温かい溶かしバターをゴムべらにあてながら、生地の表面全体に回し入れ、切り混ぜる。
・18㎝キャードルに入れ、予熱しておいた180℃のオーブンで約25分焼く。
■シロップを作る
【作り方】
・水とグラニュー糖を鍋に入れ、沸騰させる。
・ラズベリーピューレとキルシュを加え、冷ます。

チョコレートナッツクリーム

step1
生クリームと粉砂糖を混ぜ、角が立つまで泡立てる。

step1

step2
アーモンド、ヘーゼルナッツ、チョコレート、キルシュを 加え、ゴムべらで混ぜる。

step2

ラズベリークリーム

step1
生クリームと粉砂糖を混ぜ、角が立つまで泡立てる。

step1

step2
ラズベリーピューレを加え、混ぜ合わせる。

step2

組み上げ

step1
スポンジ生地の底面を横に約1㎝厚さにスライスする。(ズコットの底生地として使用)

step1

step6
残ったスポンジ生地は焼き目を上にした状態で、縦に約1㎝厚さにスライスし、さらに長方形の対角線上で切って三角形にする。

step2

step3
半球型に三角に切った生地をはりつけ、はみ出た部分をハサミで切る。

step3

step4
型の中央をくぼませるようにしてチョコレートナッツクリームを詰める。冷蔵庫で冷やす。

step4

step5
くぼみにラズベリークリームを詰める。

step5

step6
丸く切った底生地用のスポンジ生地でふたをし、ラップをかけ冷凍庫で約2時間冷やし固める。

step6

仕上げ

step1
ズコットを型からはずす。

step1

step2
シロップをはけで表面にまんべんなくしみ込ませる。

step2

たべごろと保存方法

セミフレッドなので、クリームが程よく冷えてかたまった頃が食べごろです。
冷凍して固くなりすぎたら、切りやすい状態になるまで冷蔵庫で戻す。
冷凍で3日保存できます。
完成
レシピ一覧に戻る
Page Top