BACK レシピ一覧に戻る
手塚治虫のチョコレートより

チョコレート

監修 エコール 辻 東京  百野 浩史 先生

苦味のあるチョコレートの内側には、ナッツとミルクチョコレートのフィリングをはさみ、なめらかな口どけと「カリッ」、「ザクッ」と二つの食感を楽しめる板チョコレートです。

【初回放送】2012年2月11日

チョコレート

材料 さあ、はじめましょうか!

◆~幅8cm×長さ16cm×厚み1cmのチョコレート型3枚分~
ナッツとミルクチョコレートのフィリング
アーモンド 50g 皮付きのもの
ヘーゼルナッツ
50g
砂糖 150g
ミルクチョコレート 100g
チョコレート
クーベルテュール 500g(300gと200gに分ける。)
※クーベルテュールとは、総カカオ分35%以上の製菓用チョコレートのこと。

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ魅惑の口どけ なめらかリッチなチョコレート

オキテ1温度管理に妥協なし!

オキテ2最後は見た目!

キメテ 魅惑の口どけ なめらかリッチなチョコレート味わいのキメテ

オキテ1 温度管理に妥協なし!かまどのオキテ1

オキテ2 最後は見た目!かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■アーモンドを180度のオーブンで中心部分まで火が通るようにローストする。(10分程度)
■ヘーゼルナッツを180度のオーブンで中心部分まで火が通るようにローストして薄皮を取り除く。
■ミルクチョコレートは細かく刻んでおく。
■クーベルテュールは細かく刻んでおく。

チョコレートの温度調節(テンパリング)を行う

step1
刻んだクーベルテュール300gをボウルに入れて60℃程度の湯煎にあてて溶かす。

step1

step2
溶けたクーベルテュールの温度を計り、50℃になれば湯煎から外し、残りの刻んだクーベルテュール200gを加えて溶かしながら混ぜる。

step2

step3
ステップ2を29~30℃くらいまで温度を下げる。温度が高ければ冷水にあてて冷やす。

step3

step4
ステップ3を数秒間湯煎し、31~32℃になるように混ぜる。
※作業中は、常に31~32℃を維持するように、お湯や水にあてて温度調節してください。

step4
フィリングを作る

step5
フードプロセッサーにローストしたナッツ類と砂糖を入れて数分間かくはんしてなめらかなペースト状にする。

step5

step6
刻んだミルクチョコレートをボウルに入れて、湯煎し、30℃位になるように溶かし、ペースト状になったナッツ類と混ぜる。

step6
型に入れて固める

step7
テンパリングしたクーベルテュールを、用意したチョコレート型の内側にはけを使って薄く塗り広げて涼しい場所に置く。

step7

step8
数分後(5分程度)、クーベルテュールが固まりかけたら、チョコレート型の内側からはみ出たクーベルテュールをカードなどで取り除く。

step8

step9
型に塗ったクーベルテュールが完全に固まれば、フィリングを型の内側にスプーンを使って型の高さより少しだけ低くなるように流し、固まるまで涼しいところに置く。

step9

step10
フィリングか固まればテンパリングしたクーベルテュールを型一杯まで満たすようにスプーンで流し、紙を1枚おいて紙の上からめん棒を転がしてクーベルテュールの上面を平らにして涼しい場所に置く。

step10

step11
クーベルテュールが固まれば、型を逆さに向けて、ゴムベラなどで軽く振動を与えて型から取り外す。

step11

たべごろと保存方法

チョコレートは湿度を嫌いますので、温度の一定した涼しいところで保存してください。

漫画の神様・手塚治虫は、創作に煮詰まった時、チョコレートを口にしました。
その行為は、“生きる”ということと重なっていたのかもしれません。

動画イメージ

チョコレートと一緒に、自分の気持ちを、大切な誰かに伝える特別な日。2月14日はバレンタインデー。

動画イメージ

チョコに砂糖を加え、甘くしたのは16世紀。古代文明では、神の食べ物として、大事に扱われていました。

動画イメージ

大切な人からのプレゼント。このチョコレートは特別に甘く感じるのでは?

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top