BACK レシピ一覧に戻る
プップおばさんのフレンチメレンゲ

基本のひとくちメレンゲ

レシピ監修・調理指導
エコール 辻 東京 喜多村 貴光 先生

フランスでは身近なお菓子、メレンゲ。クシャっと砕けて、ジュワっと溶ける独特の食感がクセになります。 まずは基本のひとくちサイズのメレンゲを是非お試しください。

【初回放送】2015年3月20日

基本のひとくちメレンゲ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆直径4cm 約100個分
 卵白 90g
 グラニュー糖 75g
 粉砂糖 75g

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテクシャっとして ジュワッと溶ける

オキテ1低温でじっくり

オキテ2フランス仕込みのスプーン使い

キメテ クシャっとして ジュワッと溶ける味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■粉砂糖はふるっておく

メレンゲ

step1
グラニュー糖と粉砂糖を混ぜる。

step1

step2
卵白をボールに入れてハンドミキサーでツノが立つくらいになるまで泡立てる。

step2

step3
ステップ1を半分加えて砂糖を溶かしながらしっかりと泡立てる。

step3

step4
残りのステップ1を加え、ゴムべらでさっくりと空気をふくませるように混ぜ合わせる。

step4

step5
オーブンプレートにオーブン用の紙を敷き、ステップ4のメレンゲを、星の口金(直径10~12mm位)をつけた絞り袋に入れ、直径4cm程度に絞りだす。

step5

step6
110℃のオーブンで約2時間焼く。
※焼き上がりは半分にカットして中まで薄く色づいていればOK。

step6

たべごろと保存方法

冷めたときが食べごろです。
乾燥剤を入れて密閉して保存してください。
乾燥した状態で一週間くらいは食べられます。

BACK レシピ一覧に戻る
プップおばさんのフレンチメレンゲ

イチゴのメレンゲケーキ

レシピ監修・調理指導
エコール 辻 東京 喜多村 貴光 先生

メレンゲとイチゴを使った華やかなケーキ。プップおばさんの家に伝わるレシピです。

【初回放送】2015年3月20日

イチゴのメレンゲケーキ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆直径25㎝ 1台分
<メレンゲ>
卵白 120g  
グラニュー糖 100g  
粉砂糖 100g  
<クリーム>
生クリーム 300g 出来れば42%くらいの脂肪分
グラニュー糖 24g  
イチゴ 約30粒  

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■粉砂糖はふるっておく。
■イチゴはヘタをとり、半割りにしておく。
■生クリームとグラニュー糖はあらかじめ混ぜて泡立てておくこと。

メレンゲ

step1
メレンゲを作る。
※基本のメレンゲのステップ1から4と同じ工程をくり返す。

step1

step2
オープンプレートにオーブン用の紙を敷き、ステップ1の一部をスプーンで直径24cm、厚さ約1cmの円にのばす(土台)。

step2

step3
残ったメレンゲを2本のスプーンをつかってレモンのような形に整え、ステップ2の土台の周囲においてふちを作る。
※焼き上がりの確認のため、スプーンでひとすくい分のメレンゲを残しておいてプレートの隅に置いておく。

step3step3_2

step4
110℃のオーブンで約4時間焼く(確認用のメレンゲを半分にカットして中心まで薄く色づいていればOK)。常温で冷ましておく。

step4
仕上げ

step5
冷めたメレンゲの器に砂糖を加え泡立てた生クリームを広げる。

step5

step6
半割りのイチゴを並べる。

step6

たべごろと保存方法

仕上げ直後から2~3時間後までの、メレンゲがサクサクしている時が食べごろです。
クリームをのせた後はラップをして冷蔵庫に保存。当日中に食べるのがおすすめです。

完成

フランス人のエスプリが詰まったメレンゲ菓子。
なめらかなクリームとフレッシュなイチゴの絶妙なハーモニーをご賞味あれ!

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top