BACK レシピ一覧に戻る
桐島かれん・洋子のフローズンクッキー

フローズンクッキー

レシピ監修 エコール 辻 東京 大熊 恵 先生
桐島家の思い出のスイーツ、フローズン・クッキー。生地を冷凍しておき、食べたい時にスライスして 焼くと、いつでも風味豊かな味が楽しめます。

【初回放送】2014年11月7日

フローズンクッキー

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ 35~40枚
<基本のフローズンクッキー>
 バター(食塩不使用) 70g  
 グラニュー糖 60g  
 塩 一つまみ  
 卵黄 1個分  
 薄力粉 100g  
 ベーキングパウダー 小さじ1/2  
<オリジナルフレーバー(バジル)>
 乾燥バジル 大さじ1  
<オリジナルフレーバー(カレー&オレンジ)>
 カレー粉 小さじ1  
 オレンジピール 30g あらかじめ刻んでおく
<参考レシピ・桐島家のバリエーション>
 粉チーズ 20g  
 ラム酒 小さじ1  
 インスタントコーヒー 小さじ2  
 レーズン 30g  
 ココナツ 20g  
 ココアパウダー 10g  
 クルミ 30g あらかじめ刻んでおく
 プロセスチーズ 30g あらかじめ刻んでおく

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■バターは常温にもどしておく。
■薄力粉はふるい、ベーキングパウダーとよく混ぜ合わす。
■刻む必要のある具材はあらかじめ約5ミリ角に刻んでおく。

基本のフローズンクッキー

step1
バターを柔らかくして、グラニュー糖と塩を加えて泡立て器ですり混ぜる。

step1

step2
卵黄も加えてすり混ぜる。

step2

step3
薄力粉とベーキングパウダーを混ぜたものを加え、へらやカードで粉気がなくなるまで混ぜる。

step3

step4
台に打ち粉をして、空気が入らないように少したたきながら生地を長さ約20㎝の棒状にまとめる。

step4

step5
まとまったらナマコ型にして、ラップで包み冷凍庫で1~2時間冷やし固める。

step5

step6
厚さ5mmくらいにスライスして、オーブンプレートにオーブン用の紙を敷き、上に並べる。(広がるので間隔をあけておく)

step6

step7
170℃のオーブンで10~15分焼く。焼けたらケーキクーラーなどの上で冷ます。

step7
番組オリジナルフレーバー バジル

step1
基本のフローズンクッキーのステップ1~3と同じ工程を行う。

step2
生地にバジルと具材を加えてカードで混ぜる。(このあとは基本のフローズンクッキーのステップ5以降と同じ工程をくり返す)

step2
番組オリジナルフレーバー カレー&オレンジ

step1
基本のフローズンクッキーのステップ1~3と同じ工程を行う。オレンジピールはあらかじめ5ミリ角に刻んでおく。

step1

step2
生地にオレンジピールとカレー粉を混ぜる。(このあとは基本のフローズンクッキーのステップ5以降と同じ工程をくり返す)

step2
参考レシピ:桐島家のバリエーション

step1
基本のフローズンクッキーのステップ1~3の工程をくり返し、粉気がなくなったら生地に好みの具材を入れて混ぜる。(このあとは基本のフローズンクッキーのステップ5以降と同じ工程をくり返す)

step1

たべごろと保存方法

焼きたてを冷ましてからすぐ食べると、バターの香りもよく、サクサクの食感でおいしく食べられます。
クッキーは湿気ないように冷ましてすぐに密閉容器に入れて保存してください。
3日間くらいはある程度おいしく食べられますが、生地を冷凍保存しておいて食べる度に焼くのがおすすめです。焼く前の生地は冷凍保存が出来ますが、2~3週間で使い切ることをおすすめします。

完成

基本のフローズンクッキーとスパイシーなテイストのバジル味とカレー&オレンジ味。
焼きたての味を存分に召し上がれ。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top