BACK レシピ一覧に戻る
パディントンのマーマレードより

マーマレード

監修 エコール 辻 東京  百野 浩史 先生

くまのパディントンと作者マイケル・ボンドさんのお気に入りの味に近づけたオリジナルのユズのマーマレードです。甘さや苦味、皮の具合はパディントンのお墨付き!しかもユズの香りが新鮮!

【初回放送】2011年12月24日

マーマレード

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ 分量:およそ900ml(150mlの瓶(ビン)約6つ分)
※このレシピは「ユズ」用。ユズ独特の皮の柔らかさや風味、苦味、アクに対応した特製レシピです。
オレンジなど他の柑橘類に対応するものではありません。ご注意ください。
<材料>
ユズ 6個(大)(700g)
砂糖 700g(ユズと同量)
<道具>
アルミや銅など金気の出やすい鍋は避ける。 ホーローやステンレス製などがよい。

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ朝の太陽の味

オキテ1苦みも香りも皮が命!

オキテ2目印は太陽の色

味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■ユズをよく洗っておく。

step1
大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、ユズを入れて火を止め、ふたをして10分ほど蒸らす。(皮をふやかして糖分の浸透をよくする)

step1

step2
ユズを湯から引きあげ、縦半分に切り薄皮をふくむ実の部分をスプーンでくり抜いて外皮と分ける。

step2

step3
薄皮・種・実の部分は粗く切って重さをはかり、重量の1.2倍程度の水とともに鍋(金気の鍋は避ける)に入れて火にかける。

step1

step4
ステップ3の鍋はいったん沸騰させたら、あとは弱火でコトコト30分程度煮る。
※煮詰まるようであれば少量の水を足す。

step2

step5
外皮を適当な大きさに千切り(スライス)する。ユズの質感を残したいので、3mm厚程度。(ユズの大きさや皮の状態によるので適宜加減すること)

step1

step6
ステップ3が煮含まれば、下にボウルを置き、粗めのざるなどで中身を絞り出すようにこして種を取り除く。

step2

step7
ステップ6のボウルの汁とスライスした外皮を鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。

step1

step8
沸騰したら砂糖の1/3を加え、弱火でコトコトと5分程度煮る。
(砂糖は3回に分けて入れ、徐々に糖度を上げていくことで皮に糖分が浸透しやすくなる)

step2

step9
再び1/3の砂糖を加え、5分程度煮る。
アクが出てきたら取り除く。(ユズはオレンジよりもアクが多いため)

step1

step10
残りの砂糖を加え煮る。皮が透き通ってきたら、取り出して歯ごたえを確かめる。煮汁の色が黄色から少しオレンジ色にかわるのを目安に、汁にスプーンをさし入れ、背に付いた煮汁に粘り気がでれば出来上がり。
(ユズの皮はオレンジより柔らかい。形が残るうちに煮あげること)

step1

step11
熱いうちに煮沸消毒したビンにつめ、しっかりと蓋を閉める。
ビンを逆さまにし、中を真空状態にする。

step1
  

たべごろと保存方法

しっかりと真空の状態にできているものの場合未開封で常温1ヶ月。開封後は冷蔵庫で1週間。(なるべく早めの消費がよい)

BACK レシピ一覧に戻る
パディントンのマーマレードより

ダンディケーキ

監修 エコール 辻 東京 百野 浩史先生
マーマレードが生まれた土地、英国スコットランドであみだされたマーマレードをたっぷり使ったケーキです。ダンディケーキは、イギリスの人々のクリスマスケーキとしても親しまれています。

【初回放送】2011年12月24日

ダンディケーキ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ 分量:直径18cmの焼き型(丸) 1個分
無塩バター 150g
ブラウンシュガー 150g 三温糖でも代用可
150g(中3個程度)
薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ1
ラム酒 大さじ2
干しぶどう 100g
ユズマーマレード 150g 皮が多めがよい
アーモンドの実(皮むき・ホール) 適量(番組の並べ方だと30~35粒程)
白ザラメ糖 適量(表面に振る分)入手が難しければ無しでも可

作り方

印刷用PDFはこちら

準備
■干しぶどうは湯戻しして分量のラム酒をまぶし、できれば1晩ほど漬けておく。(最短1時間前でも可)
■無塩バターは室温でやわらかい状態にしておく。
■小麦粉とベーキングパウダーを合わせて振るっておく。
■ユズマーマレードは皮の部分を粗く刻んでおく。
■型に無塩バターを塗り、紙を敷く。
■オーブンは180℃に温めておく。

step1
やわらかいバターにブラウンシュガーを加え白っぽくなるまですり混ぜる。

step1

step2
ステップ1
のボウルに溶いた卵を3~4回に分けて加え、その都度よく混ぜる。

step2

step3
合わせてふるった粉類を一度に加えゴムべらで切り混ぜる。混ぜすぎると、目が詰まり固い焼き上がりになってしまう。

step3

step4
ラム酒に漬けた干しぶどうを加えて切り混ぜる。

step4

step5
ユズマーマレードを加え切り混ぜる。

step5

step6
型に流し入れて表面を平らにならし、表面にアーモンドを放射状に並べ、白ザラメ糖をふる。

step6

step7
180℃に予熱しておいたオーブンで約50~60分焼く。焼き上がりの目安は、竹串を刺してみて何も付いてこなければ焼き上がり!

step7

たべごろと保存方法

焼き上がりすぐより、一日ぐらい寝かせると味がなじみます。涼しい場所で1週間程度、保存可能。

パディントンのマーマレード。それは皆で一緒に味わいたい幸せの味なのです。

動画イメージ

マーマレードを食べるのは止められないよ!

動画イメージ

スーさんの味に限りなく近づけたかまど特製レシピ

動画イメージ

パディントンの命を救い新しい生活をひらいたマーマレード

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top