BACK レシピ一覧に戻る
フランス・コメルシー娘のマドレーヌより

マドレーヌ

監修 エコール 辻 東京 喜多村 貴光 先生
フランス・コメルシーで古くから町自慢の味として守られてきた素朴な焼き菓子。
貝殻型とポッコリとコブが膨らんでいるフォルムが特徴。
家庭で作りやすいようにアレンジした番組特製レシピです!

【初回放送】2013年12月13日

マドレーヌ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆マドレーヌ型 24個分
<マドレーヌ生地>
 卵 125g Mサイズ2.5個分
 粉砂糖 125g  
 ハチミツ 25g  
 薄力粉 125g  
 ベーキングパウダー 4g  
 レモンの表皮 1/2個分  
 バター(食塩不使用) 125g  
<アレンジ>
 チョコレート
(スイート、ミルク、ホワイト)
各適量  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテおなかぷっくり 貝殻はっきり

オキテ1グルテンを味方につけろ

オキテ2最初は高温 後は低温

キメテ おなかぷっくり 貝殻はっきり味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■分量のバターを溶かしておく。
■レモンの表皮をすりおろしておく。
■薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるっておく。
■型にバターを塗り、冷蔵庫で冷やし固めておく。

マドレーヌの生地を作る

step1
卵をボウルに入れてほぐしてから粉砂糖、ハチミツを加えて混ぜる。

step1

step2
ステップ1にレモンの皮、粉類を加えて混ぜ、溶かしバターを少しずつ加えて滑らかな状態になるまで混ぜる。

step2

step3
出来上がった生地を冷蔵庫で約20~30分休ませる。

step3

step4
バターを塗って冷やし固めた型に粉を薄くうつ。

step5
休ませた生地を型の7分目まで絞る。

step5

step6
オーブンを210℃に温め、生地を入れコブがでるまで(約5~6分間)焼成する。

step6

step7
オーブンの温度を170℃に落とし、中心まで火を通す(約6~8分間)。
※コブが乾いた状態。

step8
型から外してオーブン用の紙の上で冷ます。

step8
チョココーティングのアレンジ

step9
チョコレートをテンパリング(調温)する。

step10
マドレーヌの型にステップ1のチョコレートを少量絞り、上から冷ましたマドレーヌを押し込む。

step10

step10
冷蔵庫で冷やし固めて型から抜く。

step10

たべごろと保存方法

乾燥しないように容器に入れるか包装して常温で保存。2~3日中にお召し上がりください。

完成

素朴ながら、外側は香ばしく、内側はふんわりやわらかいバターの風味豊かなマドレーヌ。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top