BACK レシピ一覧に戻る
ターシャ・テューダーのパンプキンパイより

パンプキンパイ

監修 エコール 辻 東京 喜多村 貴光 先生
ターシャがハロウィ―ンにつくったムースタイプの上品なパンプキンパイ。滑らかな口当たりと、スパイシーなカボチャフィリングで大人の味わいを楽しめます。

【初回放送】2013年10月25日

パンプキンパイ

材料 さあ、はじめましょうか!

◆直径20cm タルト型約2台分
<パイ生地>
 薄力粉 300g
 バター 180g
 塩 小さじ2/3
 水 70g
<パンプキンフィリング>
 カボチャのピュレ 200g
 卵黄 40g Mサイズ2個分
 ブラウンシュガー 65g
 牛乳 80g
 塩 1g
 香辛料  ジンジャーパウダー 1g
 シナモンパウダー 小さじ1/3
 ナツメグパウダー 小さじ1/3
 粉ゼラチン 7g 35mlの水でもどしておく
 卵白 60g Mサイズ2個分
 グラニュー糖 65g
 塩 1g
<仕上げ>
 生クリーム 適量

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテスパイシーな実りの味

オキテ1なめらかでクリーミーなカボチャを目指せ!

オキテ2スパイスで素材の風味を引き出せ

キメテ スパイシーな香りの味味わいのキメテ

かまどのオキテ1

かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備

■カボチャを適当な大きさにカットしてレンジにかけ、皮をとり裏ごしする。
カボチャの状態を見て、必要があれば牛乳で硬さを調節。
やわらかめのピュレを目指す。
■パイ生地の材料を冷やしておく。

パイ生地の器

step1
薄力粉と塩をボウルにいれ硬いバターを加えてカードで小豆大くらいになるまで細かく刻む。

step1

step2
ステップ1を両手でもむようにして粉が薄く黄色っぽくなるまですり合わせる。

step2

step3
水を加えてカードで刻むようにして混ぜ、水気がなくなれば、生地を半分に切って重ねる作業を粉気がなくなるまで繰り返してまとめる。

step3

step4
ステップ1を2等分して丸く整え、ラップに包んで冷蔵庫で休ませる(最低1時間以上)。

step4

step5
生地に打ち粉をしながらめん棒で丸くのばし、フォークでまんべんなく穴をあけてタルト型に敷き込む。 オーブン用の紙を丸く切って生地の上に敷き、おもしをのせて180℃のオーブンで焼く。

step5

step6
うすく焼き色がついてくればおもしとオーブン用の紙を外して全体に焼き色をつける。 焼きあがれば型から外して冷ましておく。
※焼成時間の目安は、約30分程度。
※パイ生地は、市販のパイシートで代用可能です。

パンプキンフィリング

step1
ボウルに卵黄、ブラウンシュガー、香辛料、塩を入れすり混ぜて、カボチャのピュレを加え混ぜる。

step1

step2
ステップ1に温めた牛乳を加えときのばして、
鍋に移し混ぜながら83℃まで熱を加える。

step2

step3
ステップ2 にもどしたゼラチンを加え、溶かしてボウルにあける。下から氷をあてて粗熱をとる。

step3

step4
卵白をボウルに入れ、塩を加えハンドミキサーの低速で軽くこしを切ってから高速で泡立てる。ボリュームがでればグラニュー糖の1/3を加えてさらに泡立てる。
きめ細かくなれば残りのグラニュー糖を2回に分けて加えてきめ細かくのびの良いメレンゲをつくる。

step4

step5
ステップ3ステップ4のメレンゲを加えてツヤのある滑らかな状態になるまでしっかりと混ぜる。

step5

step6
空焼きした生地にながして冷蔵庫で冷やし固める(2時間以上)。

step6

step7
適当な大きさにカットして泡立てた生クリームをのせて仕上げる。

step7

たべごろと保存方法

パンプキンフィリングが固まれば食べられます。
パイがサクサクとしている当日中に食べるのがお勧めです。
冷蔵庫で保存して翌日中には食べきってください。

完成

滑らかな口当たりと、スパイシーなカボチャフィリングが、上品な大人の味。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top