BACK レシピ一覧に戻る
ローマの休日のジェラートより

「イチゴミルク」ジェラート

監修 エコール 辻 東京 百野 浩史先生
『ローマの休日』のジェラートを想像して作った「イチゴミルク」ジェラートは番組特製のレシピです。

【初回放送】2011年11月12日

「イチゴミルク」ジェラート

材料 さあ、はじめましょうか!

◆ 分量:4~5人分
材料 分量
イチゴ(フレッシュなもの) 300g
グラニュー糖(又は上白糖) 45g
牛乳 150ml
氷(クラッシュ)
 
塩(氷の20%)  

味わいのキメテとかまどのオキテ

キメテ素材のフレッシュさ なめらかな口当たり

オキテ1素材の味見て配合を決める!

オキテ2食感は空気の入り方が命!

いちごのシーン味わいのキメテ

かまどのオキテ1かまどのオキテ1

かまどのオキテ2かまどのオキテ2

閉じる

作り方

印刷用PDFはこちら

準備
■イチゴはヘタの部分を落とし、洗って水切りしておく。
■筒状のガラス容器を用意し、冷蔵庫(冷凍庫)で冷やしておく。
※今回使用したのは、 直径10cm、高さ20cm、容量1000mlのガラス製ビーカー。

step1
イチゴをハンディプロセッサーなどでつぶし、ピュレ状にする。

step1

step2
ステップ1にグラニュー糖と牛乳を加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れて、よく冷やしておく。
※イチゴに甘みが足りなければ、砂糖の量を増やすなど味見をしながら調節する。

step2

step3
深めのボウル又は、パスタパンなど深さのある容器を用意し、クラッシュアイスをたっぷり入れ、塩(氷の20%)を振り入れて混ぜる。
※かなり冷たいためゴム手袋をはめたり、スコップを使うなどして長時間氷を素手で触らないようご注意ください。

step3

step4
冷やした筒状のガラス容器をステップ3の氷に押し込み、ステップ2のジェラートベースを入れてよく混ぜる。

step4

step5
しばらくすると(4~5分)、ガラス容器の周囲部分のジェラートベースが凍りだすので、ゴムべらでこそげとり、ハンディプロセッサーなどでかくはんする。

step5

step6
再びゴムべらに持ち替え、一部だけ固まらないように底や周囲をこそげとる。
ハンディプロセッサーなどでかくはん、ゴムべらで練る、をくりかえす。
※ジェラート独特のしっとりとした食感を生むために、へらで混ぜる時は空気 を抜くように練りながら混ぜるのがコツ。

step6

step7
ゴムべらですくいあげて、角が立つ程度の硬さになるまで混ぜ続ける。

step7

step8
ステップ7をコーンに盛る。

step8
保存方法
冷凍庫に保存し、食べる前に、ゴムべらでよく練ってなめらかにする。

イタリアの人々が素顔でくつろぐ時間を彩るジェラート。
「ジェラート食べに行かない?」とは「人生を楽しもうよ」という意味なのかもしれません。

動画イメージ

イタリアの繁華街などでは、ひとつのブロックに2~3軒以上のジェラート店があるのが当たり前とか。

動画イメージ

イタリア人にとってジェラートは毎日のように楽しむ身近なスイーツ。

動画イメージ

ジェラートは 「自分が自分らしくいられる時間」を作ってくれるもの。

レシピ一覧に戻る
次のレシピを見る
Page Top