NHK 解説委員室

解説スタジアム

さまざまな専門分野を持つ解説委員同士が時のテーマを多角的に徹底討論。自らの知識と取材経験を生かして意見を戦わせます。

今回のテーマ

「平成が終わるまでに考えておくこと ”ポスト平成を生き抜く人材”」

総合
10月8日(月・祝) 午前11時00分~11時54分
出演
司会:西川吉郎解説委員長、岩渕梢
刈屋 富士雄・今井 純子・竹田 忠・西川 龍一・二村 伸・増田 剛・藤野 優子・室山 哲也 各解説委員

平成最後の一年、解説スタジアムは、次代を生き抜くうえで忘れてはならないテーマを一つ一つ考えていきます。今回のテーマは“人づくり”です。
平成元年、少子化の深刻さを示すデータが公表されました。合計特殊出生率が丙年だった1966年を下回ったのです。いわゆる「1.57ショック」と共に始まった平成の時代ですが、それから十分な対策が講じられずにたどり着いた平成30年、従来型の「終身雇用」「社会保障」は待ったなしの改革を迫られています。成功体験から抜けきれないマネジメントのありかた、さらに大学生の画一的な就職活動のありかたも問われています。昨今噴出したスポーツ界の様々なトラブルも従来型の組織運営・人材育成が息詰まっていることをあぶりだしています。。
一方で、労働生産性を維持する切り札として注目されるAIやロボット、さらに外国労働者の雇用の拡大は、労働の在り方を大きく変えようとしています。。
この潮流の中で、どのような“人づくり”を目指すのか。AIやロボットを見事に使いこなし、外国人労働者と共に働き、より豊かな社会を築ける人材をどう育てていくのか。解説委員たちが、スポーツ、経済、科学、社会保障、教育、それぞれの専門分野から切り込む“次代のための人材論”を展開します。皆様のご意見をぜひお寄せください。

この放送は終了しました