NHK 解説委員室

解説スタジアム

さまざまな専門分野を持つ解説委員同士が時のテーマを多角的に徹底討論。自らの知識と取材経験を生かして意見を戦わせます。

番組ではみなさまからのご意⾒やご感想、取り上げてほしいテーマを募集しております。
このホームページからでもご意見をいただけます。
下のボタンをクリックして、質問にお答えください。

ご意見・ご感想

今回のテーマ

「ひとつ屋根の下で生きる ~外国人との共生社会のこれから~」

総合
令和元年11月4日(月・祝)午前10時05分~午前10時59分
出演
司会:今村 啓一解説委員長、岩渕 梢
飯野 奈津子、合瀨 宏毅、清永 聡、横山 善一 各解説委員、和田 麻子 記者

初のW杯ベスト8に輝いたラグビー日本代表は、その半数を外国出身の選手が占め、日本のグローバル化、多様性ある社会の象徴といわれています。
日本で働く外国人は過去最多の146万人。4月からは「特定技能」での新たな外国人材の受け入れを開始。人口減少が進む日本にとって、大きな力として期待する声もあります。
一方で、依然として劣悪な待遇を強いられて失踪する外国人も後を絶たず、未就学の外国人の子どもが2万人近くいることが明らかになるなど、対応の遅れ、制度の不備も指摘されています。
こうした中で、地方自治体が地域で働く人材育成のために、自ら日本語学校を設立したり、飲食店チェーンの中には正社員として採用する動きも出てくるなど、外国人を日本社会の一員として積極的に受け入れようという動きも広がり始めています。
賛否さまざまな声がある中で、どうすれば外国人と共に支えあい、輝ける社会を築くことができるのでしょうか。共生社会の未来への方策を、各分野の解説委員たちが提言します。

この放送は終了しました