NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「レジ袋有料義務化 お店の対応は?」(くらし☆解説)

今井 純子  解説委員

7月1日から、国内のすべての店で、原則、レジ袋の有料化が義務付けられます。今井解説委員

k200626_0.jpg

【有料化は、プラスチックのごみを減らそうという狙いですね】
はい。プラスチックごみは、海の汚染が世界的に大きな問題となり、また、それを燃やすことで地球温暖化につながることも懸念されています。一回で捨てられることも多いレジ袋は、その象徴として、世界の多くの国では、すでに、使用を禁止したり、有料化を義務付けたりしています。日本では、国民一人、一日、一枚レジ袋を使っていると言われ、取り組みが遅いと批判されてきましたが、今回、有料化に踏み切ることで、使い捨てプラスチックに頼るライフスタイルを変えるきっかけにしよう。そんな狙いがあるのです。

k200626_01.jpg

【すべてのレジ袋が有料になるのですか?】
原則有料ですが、例外もあります。法令上は、
▼ プラスチック製で持ち手がついているレジ袋が、原則、有料化の対象になります。
ですから、
▼ 紙袋の他、
▼ プラスチックでも持ち手のない袋。例えば、野菜や肉を買った時に、レジ袋に入れる前に商品を入れる内袋。これは、衛生上必要だという考えから対象外です。
また、
▼ 例えば、お菓子の詰め合わせの袋は、消費者が辞退できませんので、対象外。
さらに、
▼ 植物などを原料とするバイオマスプラスチックを25%以上配合した袋は、燃やしても植物が吸った酸素が大気中に戻るだけで温暖化につながらない。
▼ 海洋生分解性プラスチックの袋は、海の中で分解する。ということで対象外です。

【環境にやさしい袋は対象外なのですね】
▼ さらに、普通のプラスチック製でも、厚さが0.05ミリ以上ある分厚いレジ袋は、使い捨てはしないだろうという理由で対象外。
こうした対象外の袋は、引き続き、無料でも構わないという袋です。

k200626_02_1.jpg

【実際、どのくらいの店で、いくらくらいになるのですか?】
スーパーやコンビニだけでなく、家電量販店、いわゆる100円ショップ、パン屋さん、花屋さん、スポーツショップ、そして、テーマパークなど、多く店が有料化に踏み切る方針を示しています。値段はバラバラです。袋の大きさによって値段を変えるところもありますし、すべて同じ値段というところもあります。
テーマパークでは、東京ディズニーランドとディズニーシーも、来月営業を再開した後、当面はバイオマスの袋を無料としますが、いずれ有料にする方針だということです。

【おみやげを渡す人の分、袋を買わなければいけなくなりますね・・】
そうですね。こうしたレジ袋の中には、
▼ 例えば、コンビニように、バイオマスプラスチックの素材。つまり、法令上、無料のままでもいい袋を使いますが、有料にするところもあります。
▼ それだけではなく、紙袋も有料化の対象外で、無料のままというところもありますが、有料に踏み切る店もあるのです。

【なぜ有料にするのですか?】
レジ袋全体の使用を減らし環境問題に取り組む姿勢をアピールしたいということですが、紙やバイオマスは、コストが割高なので、無料でたくさん配るのは避けたい。という思いもあるようです。

k200626_03_1.jpg

このように、基本、袋を有料にする店が多いのですが、業態や売り方によって、複雑なケースもあります。

【複雑?どういうことですか?】
例えば、デパート。
▼ 三越・伊勢丹は、食品売り場や催し物会場では、袋をすべて環境にやさしい特殊な紙の袋に切り替えて有料化する一方、それ以外の自前の売り場。例えば、雑貨売り場などでは、これまでと同じ紙袋を無料で配ります。
▼ 一方、西武・そごうは、食品売り場だけでなく、自前の売り場でも、バイオマスの袋と紙袋を、すべて有料にする方針です。

【デパートは、たくさんのテナントが入っていますよね。そこはどうなるのですか?】
テナントの場合は、基本、その店の方針によることになります。中には、多くのデパートに入っている、惣菜屋のRF1を展開しているロック・フィールドのように、有料化に踏み切る方針を明らかにしているところもあります。

k200626_04.jpg

【デパートも、マイバッグを忘れて行くと、たくさん袋を買うことになりそうですね】
そうですね。もう一つ、複雑なケースがあります。宅配やテイクアウトです。新型コロナウイルスでニーズが増えていますが、そのうち、宅配。
▼ 例えば、ローソンが始めた弁当や日用品などの宅配サービス。同じ袋を使いますが、店頭では有料。宅配の場合は、無料になります。
▼ また、首都圏でネットスーパーを展開するライフも、店頭ではレジ袋が有料になりますが、宅配は、同じ袋でも無料にする方針です。

【なぜですか?】
事業者は、ばらばらに商品を宅配するわけにはいかないので袋に入れて持っていきます。ですから、「消費者は袋を辞退できない」ケースに当たり、法令上有料化の対象外になるのです。
一方、テイクアウト。こちらは、消費者が持ち帰りますので、袋を辞退することはできる。つまり、有料化の対象になりますが、実際の対応は分かれます。
▼ 外食大手の多くは、においや汁がこぼれる懸念がある。衛生上の判断として、バイオマスの袋に切り替えた上、引き続き無料で配る方針です。
▼ 一方、デニーズは、バイオマスの袋に切り替えた上、レジ袋の削減につなげていきたいということで、客に袋がいるかどうか聞いて、有料にします。ただ、何枚でも5円とすることで、客の利便性にも配慮するということです。

k200626_05.jpg

【店によって、値段や対応に違いがあるのですね。いずれにせよ、マイバッグを持ち歩くことが大事になりますね】
コンビニでは、温かい弁当と、冷たいペットボトルを同時に持ち運べる袋も登場しています。持ち手を持つと、弁当とペットボトルの間に、隙間があいて、温かいものと冷たいものが触れ合わないようになっているのです。

【様々な用途の使いやすいマイバッグがでてきてほしいですね】
はい。何度も使うマイバッグは、ウイルスがついたら感染を広げることにならないかとの指摘もありますが、自ら商品を詰めて、こまめにアルコール消毒をすれば、それほど心配する必要はないのではないでしょうか。
その上で、レジ袋はプラスチックゴミのほんの一部にすぎません。このところ、宅配やテイクアウトで、弁当などのプラスチックの容器をたくさん使う動きが広がり、家庭からでるプラスチックごみの量が増えたという指摘が出ています。

k200626_06_0.jpg

【うちもプラスチックごみが増えました】
感染を防ぐためにやむをえない面はあると思います。でも、例えば、弁当などの容器をバイオマス素材などに変えていく。あるいは、テイクアウトの時にタッパーを持って行くと安くする。そのような店もでてきています。衛生面に気をつけた上でこうした動きを広げていく。

k200626_06_1.jpg

できる範囲で、使い捨て文化の見直しに向けた工夫をしていく。ということを、レジ袋の有料化をきっかけに、改めて、社会全体で考えることが大事ではないかと思います。

(今井 純子 解説委員)

キーワード

関連記事