NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「血圧下げて重病防げ!」(くらし☆解説)

水野 倫之  解説委員

国内で4300万人がかかっているとされる高血圧。その患者が目標とする血圧について、日本高血圧学会は上130・下80未満とする新たな指針を決めた。これまでより10も引き下げられ患者には戸惑いも広がっている。水野倫之解説委員の解説。

k190621_1.jpg

k190621_3.jpg

心臓から送り出された血液が血管の壁を押す圧力が血圧で、高血圧はこの圧力が高いまま続いてる状態。
放っておくと血管が弾力を失ってもろくなり、脳卒中や心臓病などのリスクが高まる。
高血圧が原因とみられる脳卒中や心臓病で死亡する人は年間10万人に上ると推定されも、高血圧は自覚症状がほとんど無くサイレントキラー・静かな殺し屋とも呼ばれる。

k190621_6.jpg

学会が指針を定め、上が140、下が90以上の場合、高血圧と診断。
また指針は高血圧と診断された患者が治療で目指すべき目標値も定める。
これまで75歳未満の成人の場合、上140下90未満、また75歳以上は上150・下90未満を目指そうとなっていた。
今回指針のうちこの目標値が5年ぶりに改定され、75歳未満は上130・下80未満といずれも10も厳しくなった。
また75歳以上は、薬でふらつくこともあることから上の血圧だけ10厳しく。

k190621_8.jpg

この血圧の値、番組あてに「人間ドックだと緊張してしまいます。いわゆる白衣高血圧の場合はどうなりますか?」と質問も。
確かに診察室で白衣の医師を前にすると緊張して血圧上がる場合がるので、指針の目標値などはすべて診察室での値。リラックスできる家庭で測る場合の目標値は、さらに「5」低くなる。
これらはすべて一旦高血圧と診断された患者の話だが、学会では患者ではない人も75歳未満では130/80より下を維持した方がいいと話す。
10も低くした指針改定の狙いは血圧がより低い方が、リスクを下げられることが分かったから。

k190621_10.jpg

学会では国内外の14の臨床研究のデータを解析。
その結果、血圧を改定後の目標値まで下げると、脳卒中の発症リスクが22%、また心臓病は14%抑えられることがわかったから。
10下げるには薬もあるが、副作用も報告されていることから、学会では生活習慣の改善で下げることが重要と指摘。
運動が有効だが体を動かせない人もいるので、減塩が極めて重要。
塩分の取り過ぎはよくないのはヒトの体の塩分濃度は0.9%と一定に保つ必要あるから。

k190621_17.jpg

余分な塩分が体内に入ると、腎臓に送って尿で排出しようと血液の量が増えて血圧が高くなる。
このため厚労省の摂取基準では男性8g、女性は7g未満を1日の目標値と定める。
でも実際には男性10・8g、女性も9・1グラムと男女とも2g以上も多く摂取。

世界ではアジアで摂取量が多いがほかの地域はそうでもなく、WHO・世界保健機関は日本よりも圧倒的に少ない1日5g未満を推奨。
最近の減塩の動きを反映して、厚労省の摂取基準も、男女とも0.5gずつ少なくする方向で検討が進められている。
でも塩分減ると味気なくなるので減塩は簡単ではない。

k190621_19.jpg

まずは食品にどれだけ塩分が含まれているかを知ることが重要で、パッケージにある成分表示で確認。その際注意はナトリウムではなく、食塩相当量で確認すること。
ナトリウムの表示しかない場合はその2.5倍が食塩相当量であることに注意。
また日本人は食塩の7割を調味料から摂取しているので、学会ではその使い方の工夫を呼び掛け。

k190621_20.jpg

たとえば味噌汁に“だし”を使う。
こんぶやかつお節のような自然由来のものには健康に影響のある塩分は含まれていない。
醤油やソース使いたいという場合は“かけない”でちょっとだけ“つけて”食べる。
調味料の代わりに柑橘類の酸味でアクセントをつけるなど工夫も有効。
ただこうした取り組みをしていても十分なのかどうか個人ではわからないことも多い。
そこで地域全体で減塩に取り組んで効果を上げているところがあるときいたので行ってきた。

k190621_21.jpg

日本三名泉にも選ばれている温泉の街岐阜県下呂市。
市が国民健康保険加入者を調べたところ、高血圧患者の割合は県内ワースト4位、脳血管疾患患者はワースト1位であることがわかった。
そこで3年前から市を挙げて減塩の取り組みを開始。
まずは減塩食品の普及。
学校給食で減塩メニューを出したり、食品メーカーの協力も得て多くのスーパーには減塩食品コーナーが設置。あるスーパーでは一年前から40種類の減塩調味料などを取りそろえたところ、徐々に売れるようになってきているということ。
そして最も力を入れているのが保険指導。
地域住民の健康管理を担う保健師が、特定検診で血圧が160/100以上の人を抽出し、積極的に家庭訪問。
この日も保健師が男性のもとに保健指導。男性は以前高血圧で治療を受けていたが、薬をやめたらどうなるか様子を見ようと数年前に病院に行くのをやめたところ、徐々に上がってきたという。
保健師は日々体を動かしているか、どんな食事をとっているのかを具体的に聞き取り。
減塩の調味料を示しながら塩分を減らすために何に気を付けたらいいかを膝詰めで説明、医師の診察も受けるよう指導。

こうした人への保健指導の割合は下呂市は90%以上と全国1位。
この3年で160/100以上の高血圧の割合は7%から3%に減り、脳血管疾患患者もワースト1位から4位まで改善。徐々に効果。
ただ都会だと街ぐるみの取り組みというのは簡単ではないかもしれないが、どの自治体でも地域の保健センターなどに検診結果を持って行けば保健師の指導を無料で受けることができる。
血圧高めの方は医師の診察はもちろんだが、こうした指導を受けながら減塩に取り組んでもらえれば。

(水野 倫之 解説委員)

キーワード

関連記事