NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「PCB処理 完了への第一歩」(くらし☆解説)

土屋 敏之  解説委員

k190410_01.jpg

◆そもそもPCBとはどういう物?
k190410_02.jpg
 PCBは「ポリ塩化ビフェニル」という無色透明の液体で、熱に強く電気を通しにくい性質を持つ化学物質です。かつてはビルや工場の電気設備でコンデンサーや変圧器といった部品に多く使われ、他にも業務用の蛍光灯の部品や塗料など幅広く使われてきました。
 国内では1954年に生産が始まり、使われた量は5万トン以上に上ります。

◆そのPCBが原因となって多くの方が健康被害を受けてきた
k190410_03.jpg
 1968年、北九州にあった食用の油の製造施設でPCBなどが混入し、その油を摂取した人たちに皮膚の異常など健康被害が相次ぎました。いわゆる「カネミ油症」です。公式に認定された患者さんは2千3百人あまりですが、他にも多くの人が支援を求めていたり、現在も健康被害に苦しんでいます。

◆そのPCBの処理が半世紀以上経った今も行われている

 PCBの製造は1972年に中止されましたが、PCBを含む電気設備や廃棄物は、使用していた全国の事業所にその後も長く残されてきました。当初は民間の施設で焼却処分する方針でしたが、有害物質への不安からどこの地域でも住民の理解が得られず、処理が行えなかったためです。
 ようやく2000年代に入り、政府が100%出資するJESCOという組織がPCBを化学分解によって無害化する施設を建てて、高濃度PCBの処理が進み始めました。
k190410_04.jpg
 JESCOの処理施設はこちらの5か所に建設されましたが、地元に受け入れてもらうため操業できる期限が地域ごとに決められており、処理が完了した後は施設を撤去する方針になっています。こちらは、PCBを含む量が多いコンデンサーや変圧器の処理を完了しなくてはならない期限です。

◆処理が節目を迎えたということだが、北九州の施設は期限が今年3月までだった

 九州・中国・四国にあったものは先月末が処理期限で、環境省によると予定されていたものを完了したとのことです。私も以前この北九州の施設を取材しましたが、作業員がPCBに触れないよう工程の多くは機械化され、製品の解体など人手が必要な場面では作業内容に応じてマスクや防護服を着用して慎重に進めていました。製品から抜き取ったり加熱して取り出したPCBは、化学反応させることで無害な物質に分解されます。こうした処理には時間もかかり、24時間体制で処理を進めてきました。
 コンデンサー、変圧器などの処理が地方単位で完了したのはこれが初めてです。長年困難が続いてきたPCBの処理ですが、ようやく大きな一歩を刻んだと言えます。

◆この地域ではどうやって処理を進めてきた?
k190410_06.jpg
 PCBの処理は、まず事業者が自ら持っている電気設備などにPCBが使用されていないかを確認しなくてはなりません。そして、高濃度のPCBを含む物は、処理完了の期限の1年前までにJESCOに処理を委託することが義務づけられています。ただ、中には気付かずに古い電気設備を使い続けている企業などもあります。そのため各自治体はそれを掘り起こすため調査を行ってきました。場合によっては法律に基づいて改善命令を出したり、事業者が破産してしまっていた場合など行政が代執行したケースもあります。
 今回、コンデンサーなどの処理が期限内の完了にこぎつけられたのは、自治体などの地道な取り組みが大きかったと言われます。国も自治体を支援すると共に、問題を知ってもらうためにテレビCMを流して事業者に呼びかけたりもしてきました。

◆日本全体では、PCBの処理は今どれぐらい進んでいる?
 
 PCBを多く含む高圧のコンデンサー、変圧器は全国でおよそ39万台が使用されたとされます。そのうち、九州・中国・四国にあったものが6万台あまりで、これが処理完了したわけですが、他の地域でも既に27万台あまりは処理されているので合わせると全体の8割以上は処理が済んだ状況です。ただ、まだ未処理のものや、さらには紛失したり行方がわからないというものもありますので、さらに取り組みを進めていく必要があります。

◆今後の課題
k190410_07.jpg
 処理を完了しなければならないのは近畿地方では2022年3月まで、その他の地方も’23年3月までで、この1年前までに事業者はJESCOに委託しなければならないので期限が迫っていますが、電気設備にPCBが使われている物があることを例えば中小企業などで今も気付かず使用したり放置しているケースもあると見られます。さらに、気付いていても処理費用がかかることへの懸念から手をつけないケースも考えられます。これについては中小企業には公的な補助金の制度があり、費用の大半がまかなわれますので、自治体は掘り起こし調査と共に、こうした補助制度の周知もさらに行う必要があります。

◆PCBは色々な物に使われた。他の物の処理は?

 コンデンサーや変圧器以外の処理も残された大きな課題です。家庭用の蛍光灯には含まれていませんが業務用の蛍光灯の部品や、橋や船舶などを塗装した塗料にも、1970年代前半までに作られたものは、PCBを含む可能性があります。これらも高濃度のものは、期限が遅い地方でも5年後の2024年3月までには処理を完了しなくてはなりません。まだ把握できていないものも少なくないと見られますので、一層の調査や啓発が欠かせません。

◆半世紀以上前に起きた問題だが、決して過去のものではない

 昭和の時代に起きた問題ですが、平成でも解決しきれず、令和に持ち越すことになりました。PCBの処理は基本的には事業者の問題ですが、私たちもこうした問題があったことを知って職場の古い設備などを気にかけることも解決につながります。カネミ油症のような健康被害やあるいは環境汚染を次の時代に再び生まないためにも、着実に速やかに処理を進めていく必要があると思います。

(土屋 敏之 解説委員)

キーワード

関連記事