NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「深海探査レースに挑む」(くらし☆解説)

土屋 敏之  解説委員

◆深さ数千メートルの深海に潜り無人で探査を行うためのロボットによる、世界初の競技会が行われている。

k180208_01.jpg

k180208_03.jpg

 これはアメリカのXPRIZE財団などが行っているシェル・オーシャン・ディスカバリーという大会で、「自律型海中ロボット」とも呼ばれる一種の無人潜水艇を使って海底を調べる性能を競うものです。
 最終的な課題は、水深4千メートルの海底で24時間以内に250平方キロメートル以上、これは大阪市やさいたま市より広い面積ですが、それだけの範囲を調べて海底の地図を作る、などです。水深4千メートルに潜れる潜水艇は現在もありますが、これだけの広さの地図を丸1日で作るというのは既存の技術だけでは極めて難しい課題です。しかも、指定された海域に行く際も人が乗った母船などは使えず、無人航行する必要があります。また、全ての機材を12mのコンテナ1つに入るサイズに収めなくてはなりません。
 賞金総額は700万ドル、7億円以上です。世界各国から32チームがエントリーし、日本のチームも参加しています。既に書類審査でチーム数が絞られ、現在は準決勝にあたる1次ラウンドが行われています。これを通過すると最終の2次ラウンドで実際の深海探査に挑みます。

◆なぜこういうレースが企画された?

k180208_05.jpg

 背景にはこうした深海探査の需要が急増していることがあります。例えば、レアメタルなどの金属資源が近年、海底で見つかっています。レアメタルはススマートフォンやハイブリッド車などにも欠かせず需要が増えています。また、IT化が進むと共に海底に通信ケーブルを引くことも増えています。さらに、海底油田やメタンハイドレートなどエネルギー資源の開発にも海底の調査が必要です。そうした中、このレースは大手石油会社が共に行っています。

k180208_06.jpg

 これまでは深海探査というと、大きな調査船を派遣してそこからケーブルのつながった潜水艇を下ろして行うイメージがあったと思いますが、これでは人手も時間も費用もかかります。そこで世界的に、自律航行できる海中ロボットを開発してより速く広く探査しようという動きが進んでいます。

◆どんな人たちが参加している?

k180208_08.jpg

 準決勝にあたる1次ラウンドには19チームが残っていて、欧米を中心に、インドやアフリカのガーナからのチームもあります。日本から唯一、準決勝にあたる1次ラウンドに挑んでいるのが、Team KUROSHIO。東大や海洋研究開発機構など多くの組織の若手研究者・技術者が集まったチームです。
    
◆1次ラウンドではどんなことが行われている?

k180208_09.jpg

 1次ラウンドでは実際に海に入って競うわけではなく、審判団が各国のチームを訪れてロボットの技術を審査するという方式になりました。「自律航行」、つまり人が一々操作するのでは無くコンピューターで自ら航行できるか?や、その速度、地図を作る能力など、11項目で審査されます。各チームはプールでロボットを動かして見せたり、これまでに実際に海に潜って集めたデータを示し、こうした性能が十分あることをアピールします。審判団は去年11月から各国を回っていて、Team KUROSHIOの審査は先週日曜から火曜まで東京大学の実験用プールなどを使って行われました。
      
◆日本チームはどんなロボット?

k180208_00.jpg

 審査を前に公開されたロボット(東京大学生産技術研究所の自律型海中ロボットAE2000f)は長さ3m、重量370kg。特徴はレーザーによる精密探査システムです。機体後部から緑色のレーザーを海底に当てることで地形の凹凸などを正確に測ることができます。また真っ暗な深海で海底の画像を撮影するためフラッシュを使います。海底から7~8mの所を移動しながらレーザーとカメラを併用することで、海底の様子を3Dのデータにすることができます。実際に新潟県沖に潜って行ったものでは、海底にいたカニが見分けられるほど高精細な画像データが得られました。

k180208_10.jpg

 Team KUROSHIOではこうした海中ロボットを3台同時に投入する計画で、1つはこうした高精細の探査をするもの、もう1台は音波を使ってより広い範囲を粗く速く調べるなど役割分担をします。そして、これらを洋上中継器と呼ばれるやはり無人の船型ロボットにつないで目的の海域まで運びます。人がいる所からこの洋上中継器までは電波で通信し、その先、水中は電波が通じませんので音波で通信する仕組みです。
      
◆1次ラウンドの見通しは?

k180208_11.jpg

 審査は非公開ですが、最終日に審判団と一緒に撮った写真が公開されました。チーム関係者によるとプールでのロボットのデモンストレーションなど全てうまくいったとのことで、審査員から「2次(最終)ラウンドでまた会いましょう」と言われたそうです。正式な結果は全チームの審査が終わった後の4月に発表されますが、通過すれば10月に実際に4000mの深海で行われる予定になっている最終ラウンドに挑むことになります。但し、その場所が世界のどこになるのかなどは一切明らかにされていません。
 競技ですから優勝を目指して頑張ってほしいというのもありますが、それ以上に、こうした深海探査の技術は資源の乏しい日本にとってこれから益々重要になると考えられますので、ぜひ今後につながるチャレンジをしてほしい、そこに大きな意義があると思います。

(土屋 敏之 解説委員)

キーワード

関連記事