NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「どう防ぐ 高齢者の熱中症」(くらし☆解説)

中村 幸司  解説委員

最近の日本は、梅雨の前から熱中症に注意が必要な日が続きます。そこで、高齢者の熱中症対策を考えます。

k170531_01.jpg

◇高齢者は熱中症になりやすい
熱中症になる人は高齢者だけではありません。幼い子どもやスポーツする機会の多い10代、
外で働いている40~50代の男性なども多いとされています。

k170531_02.jpg

ただ、熱中症で死亡した人の数を見ると、2015年は全国で年間に1000人近い人が亡くなっていますが、このうち80%は65歳以上です。高齢者は、熱中症になりやく、重症化しやすいということです。

k170531_03.jpg

なぜ、高齢者が熱中症になりやすいのか。そもそも高齢者は体の水分量が少ないのです。
成人は、体の60%くらいが水分ですが、高齢者は50%です。これは、心臓の負担が少なくなるように、体が水分を減らしてくれているのですが、その一方で水分の蓄えが少ないので、熱中症になりやすいと考えられています。

◇高齢者の熱中症対策の柱
高齢者の熱中症対策は、まずは、
▽こまめな水分補給
▽暑さを避ける
ということになります。

k170531_05_2.jpg

これは、高齢者だけでなく、広く一般的に心がけなければいけない基本的な予防対策です。
高齢者にとって問題なのは、こうした対策をとりづらい人や対策をしない人が、多いということにあります。
なぜなのか。その理由を見ながら対策を考えてみます。

◇高齢者の課題①水分補給
まず、水分補給がなぜできないのか。

k170531_06.jpg

ひとつは、高齢者はのどが渇いたことを感じにくくなっていることがあります。
また、「夜中トイレに行きたくない」といったことで、水を飲むのを控えるようにしている人もいます。
さらには、病気で水分を制限している人もいます。

◇水分補給の対策
では、どのような対策をしたらいいのでしょうか

k170531_08.jpg

のどが渇く前から、こまめに水分をとるということです。具体的には、水分をいつとるのか、スケジュールを決めて、習慣にすることが有効とされています。
たとえば、朝・昼・晩の食事の前後に湯のみ1杯ずつ、そしてお風呂の前後、寝る前と朝起きたときにも1杯ずつといった具合です。
1日に1.2リットルくらいの水分を飲む必要があります。湯のみで10杯くらい飲めば、1.2リットルになります。
ただし、これは最低限の水分量です。
外に出て運動するなど汗をかくようなことをしたときは、1.2リットルにプラスして、運動の前後、運動の最中にも、水分補給をすることが必要になります。買い物も運動にあたります。

k170531_09.jpg

水分はお茶でもいいですが、カフェインがない麦茶がよいといわれています。
特に汗をかいたときなどは、水分とともに塩分補給が必要です。塩分や糖分などが調整されていて、体への吸収が早い「経口補水液」をゆっくりと飲むことが勧められています。経口補水液は、薬局やドラッグストアで売られています。
経口補水液は、家庭でも作ることもできます。
水1リットルに対して、砂糖40グラム(大さじ4)、塩3グラム(小さじ2分の1)です。
ただ、飲み物でとる1日1.2リットルというのは、3度の食事を食べていることが前提です。食事からも1日1リットルくらいの水分をとっています。

k170531_10.jpg

食事をしていないと、水分や塩分が不足してしまいます。熱中症対策には、水分だけでなく、食事をきちんととることが非常に重要です。

k170531_11.jpg

心臓や腎臓などの病気で、水分や塩分が制限されている人がいると思います。また、糖尿病の人は、水分や糖分のとり方に注意が必要です。
持病のある人は、水分をとる量や経口補水液といった塩分や糖分を含んだものを飲んでいいのかなど、主治医と相談して、水分をとる1日のスケジュールを作ってほしいと思います。

◇高齢者の課題②暑さを避ける
「暑さを避ける」というのも、高齢者はできていない傾向があります。

k170531_13.jpg

「ぜいたくだ」といって、エアコンを使うのを控える人が少なくありません。
さらに、高齢者は暑さを感じる感覚も鈍くなってきています。
日本の夏がこれだけ暑くなってもエアコンを控えることがあるのかと、疑問をもたれる方もいると思います。東京都監察医務院によると、2015年に東京23区で熱中症のため屋内で死亡した人の90%が、エアコンのスイッチを切っていた、あるいはエアコンがなかったということです。
エアコンを使っていないと、症状の悪化につながりやすいと考えられます。

◇暑さを避ける対策
暑さを避ける対策としては、エアコンや扇風機を有効に使うこと、そして温度計で室内の気温を測って、28度を超えないようにしてほしいと思います。
エアコンは、かつてはぜいたくでした。ただ、そのころは、窓を開けて部屋に風を通せば、なんとか過ごせましたが、今は温暖化や都市化の影響で平均気温が上がっています。風を通しても体の熱を下げてくれません。
夜も多くの人が防犯のために窓を閉めていると思いますが、そうすると部屋の温度が上がってしまいます。
今の日本、特に都市部では、エアコンなしで夏を乗り切れないというように考えてほしいということだと思います。
そして、天気予報などから情報を集めて、気温の高い日は、外出を避けるという基本的な対策もしてください。
どうしても「エアコンはもったいない」という人は、自治体の高齢者の交流施設など冷房が完備されているところを利用するなどの工夫をしてほしいと専門家は話しています。
そうする時も、日中の暑い時間に外出しないようにする必要があります。

◇高齢者と対策の実践
対策を見てきましたが、高齢者ですと、必ずしもこうしたことができる人ばかりではありませんから、家族や近所の人など周囲の人たちが注意することが大切になります。

k170531_15.jpg

水分補給のスケジュールを守っているか確認するとか、気温が高く、熱中症に注意が必要な日には連絡を入れてみて、エアコンを使っていることを確かめるといったことが大切です。
どういった対策をするのか、お年寄りは忘れてしまうことがあるので、繰り返し言うことも重要だと指摘されています。

◇症状と高齢者の課題
熱中症はどんな症状に注意したらいいのでしょうかみてみます。

k170531_16.jpg

こちらは熱中症の症状、下に行くほど重症です。
めまい、大量に汗をかく、足がつるなど、比較的症状の軽いときのサインを見逃さないことが大切です。しかし、高齢者は日ごろから、どこかが悪くて、頭痛など進んだ症状が現れても、熱中症と気づかないことがあるといいます。
そうなると、治療が遅れてしまします。
お年寄り本人が、体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人は、高齢者は熱中症の対策がうまくできない人が多いということを踏まえて、普段と様子に変わりがないか注意を払うことが大切になります。
熱中症が急増するのは、「体が暑さになれていない梅雨明け」とされてはいますけれど、最近は、梅雨の合間、梅雨入り前にも、非常に暑い日が続くことがあります。
どういった熱中症対策をするのか、お年よりも交えて家族などで話し合って、暑い夏に備えてほしいと思います。

(中村 幸司 解説委員)

キーワード

関連記事