解説アーカイブス これまでの解説記事

くらし☆解説

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

くらし☆解説 「マイナス金利 暮らしへの影響は?」

今井 純子  解説委員

日銀は、2月16日から、マイナス金利を導入しました。

k160217_01.jpg

【マイナス金利って、どういうこと?】
普通は、私たちが、金融機関におカネを預けると、金利の分、預金が増えます。例えば、1万円預けると、1万300円に預金が増えるという具合です。

k160217_11.jpg

k160217_12.jpg

ところが、マイナス金利というのは、一万円預けたら、9700円に減ってしまうというように、預けたおカネが、金利の分、減ってしまうということです。これまでの常識では考えられないことが起きるのがマイナス金利です。

k160217_13.jpg

ただ、実際に、マイナス金利になるのは、私たちが銀行に預けるおカネではありません。金融機関が、日銀に預ける時に、その一部についてマイナスの金利が、適用されることになります。

【日銀に預ける時の金利がマイナスになると、何がどう変わるのですか?】
金融機関は、これまで、日銀の金融緩和で得た大量のおカネの多くを「銀行の銀行」である、日銀の当座預金に預けていました。0.1%の利子がもらえたからです。
ですが、今後、さらに預けると、その一部について、マイナス0.1%の金利がかかる=つまり、その金利分、おカネが減ることになります。
これは、無駄に日銀におカネを預けておくことに、いわば、ペナルティーをかける意味合いがあって、金融機関は、それならば預けるのをやめて、貸し出し金利を低くしてでも、企業や個人に積極的に貸そうとするようになります。
そうすることで、企業の設備投資、そして、個人が住宅を買ったり消費を増やしたりする動きを後押ししよう。それで、経済を良くして、デフレから脱却しよう!というのが、日銀の狙いです。

k160217_04.jpg

【私たちの生活には、どのような影響が考えられるのでしょうか?】
大きく言えば、安全に資産を増やそうという人には逆風。これからおカネを借りようという人には後押しになる。と言えます。

k160217_05.jpg

もう少し詳しく見て行きます。

【預貯金への影響は?】
すでに影響がでているのが、預金。様々な金融機関で、定期預金などの金利を引き下げる動きが相次いでいます。
定期預金の場合、今後、新たに契約を結ぶ場合が対象です。例えば、10年の定期預金で、金利を、年0.025%に下げる動きがでています。10万円を預けて年間25円の利子しかつかない計算です。
また、大手銀行の中には、普通預金の金利を、0.001%に引き下げるところもでてきました。10万円を預けて、年間1円の利子しかつかないことになります。

k160217_06.jpg

【生命保険への影響は?】
すでに、契約している保険で、利率が固定型のタイプは、影響がありません。
影響がでるかもしれないのは、これから契約する保険。掛け捨てではなく、特に、貯蓄性の高い商品ほど、保険料が上がる可能性があると指摘されています。
貯蓄性が高い商品というのは、例えば、保険料を、退職金などから、一時払いで払うタイプの死亡保険とか年金保険。学資保険もこういう一時払いのタイプがあります。
こうした商品は、保険会社が、払い込まれた資金を運用して、額を増やして、返すという仕組みです。それが、金利の低下で運用が厳しくなることが予想されるので、もともと払い込む保険料を上げる可能性があるというのです。一時払いの商品は、毎月、保険料を見直す会社もあるので、比較的早く、保険料が上がる可能性があると指摘されています。
また、保険料を積み立てていくタイプの保険については、見直しのタイムラグがもう少し長いので、すぐにではありませんが、マイナス金利がしばらく続けば、新たに契約する場合の、保険料が上がる可能性がでてきます。

k160217_07.jpg

【金融機関から、投資信託を勧められることが増えています】
国債などで運用する、比較的安全性が高いと言われる「MMF」と呼ばれる投資信託については、事実上、国内で受け付けが停止されました。国債の利回りが低下して安定した運用が難しくなるという理由です。
他の投資信託、それに外貨預金など、運用には、様々な商品がありますが、こうした商品は、様々な手数料もかかります。また、多くは、元本が保証されません。ですから、投資をするのであれば、金融機関などに勧められるままではなく、きちんと自分で勉強した上で、余裕資金で、そして、自己責任で、投資をする姿勢が大事だと思います。

k160217_08.jpg

【住宅ローンの金利が下がることは、うれしい話ですね】
すでに、一部、住宅ローンの固定金利を引き下げる動きがでています。こうした動きはこれから広がる見通しです。
また、高い金利で借りている方の場合、低い金利に借り換えることで、返済総額が減る可能性は、あります。ただ、借り換えの場合、様々な手数料がかかるため、逆に損をするケースも考えられます。手数料の額、それに、残りの返済額や返済期間がどのくらいか。金利差がどのくらいか。ということから、自分のケースは、得をするか、損をするか、きちんと計算をして比較をして、考えることが大事だと思います。

k160217_09.jpg

あと、住宅ローンを借りる場合、わかりきった注意点ですが、
▼ 金利が低いからといって、住宅会社などから、勧められるままに、変動金利で借りてしまうと、金利が上がった場合、困ることになりかねません。5年後、10年後の金利がどうなるかは、本当にわかりませんので、ローンを組む場合は、金利が上がるリスクもきちんと考えて、変動金利にするか、固定金利にするか、考えること。
▼ さらに、金利が低いから慌てて買うというのでなく、欲しい物件があった時に、身の丈にあったローンを組むことが大事です。

【経済は本当によくなるのでしょうか?】
今週、発表された去年10月から12月の経済成長率は、年率でマイナス1.4%と、二期ぶりにマイナス成長でした。国内では、個人消費が落ち込みましたし、中国など世界経済が減速しているため輸出も減りました。
また、日銀がマイナス金利の導入を決めた後も、株価が、一時、1万5000円を割ったり、円高が進んだりしています。こうした状態で、日銀の狙いとは逆に、先行きへの不安から、節約の動きが進むのではないかと懸念する声もあがっています。それでは、経済はむしろ悪化しかねません。

今後を占うカギは、賃金引き上げです。

k160217_10.jpg

2月17日に自動車、そして、18日に電機の大手の組合が、賃金引き上げの要求書を経営側に提出して、本格的な春闘の交渉が始まります。中国の減速や円高が進んだことで、企業には逆風が吹いています。ですが、それでも、まだ、過去最高益の水準です。企業が抱える現金預金も250兆円に増えています。経済の循環の流れが、ここが途切れることにならないよう、業績のいい企業は、ぜひ、正社員のベースアップ、そして、非正規社員の賃金も、思い切って引き上げに応じてほしいと思います。

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS