解説アーカイブス これまでの解説記事

くらし☆解説

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

くらし☆解説 「課題は何?遠隔教育」

西川 龍一  解説委員

くらしきらり解説です。インターネットなどを利用して離れたところで授業を受ける遠隔教育です。ことしから高校の授業として正式に認められました。この遠隔教育について、西川解説委員とともにお伝えします。

k151127_0.jpg

Q.「遠隔教育」、あまり耳慣れないように思いますが、どういうものなのでしょう?

A.簡単に言うと、学校同士や、学校の本校と分校などをインターネットで結んで離れたところで授業を受けると言ったイメージです。

Q.塾や予備校などで行われているサテライト授業のような感じでしょうか?

A.確かに大手予備校などが、有名講師の授業を、離れた教室などで受けられるようなサービスを行っていますが、学校教育で行われているわけですから、独自の特徴があります。学校の授業は、これまで通信制を除いて教師と児童や生徒が対面で行うことが原則とされていたため、こうした授業は認められていませんでした。文部科学省は、今年度から制度を改正して、全日制と定時制の高校でも遠隔教育の授業を36単位まで認めることになったんです。

k151127_1.jpg

その「遠隔教育」を導入した高知県に、今月、各地の担当者が集まり、授業も公開されました。
高知市の中心部にある県立追手前高校です。生物の遠隔授業が行われました。授業の映像が、分校に同時に送られています。

Q.どのくらい離れているんですか?

A.分校は、およそ40キロ離れた、いの町にあります。選択科目の生物の授業を分校で受けたのは3人。分校の画面には、板書をする先生の姿が映っていて、普段の授業と同じように先生に当てられています。
今回認められた遠隔教育には、2つの条件があるんです。同時双方向で授業が受けられること、受信する教室、今回で言うと分校になりますが、そこにも補助教員を配置することの2点です。学校の授業である以上は、講義を流しっぱなしというわけにはいきません。生徒が授業を理解しているのか、興味を持って受けているのかといったことを授業をしている先生がわかることが求められるわけです。そのための工夫もなされていました。

k151127_2.jpg

A.授業をしている本校の先生の手元の装置で分校にあるカメラを操作することができます。問題を当てるときには、ズームイン。

Q.これなら表情が確認できますね?

A.離れていてもきちんと授業に集中しているのか、確認できると言うことでした。
双方の教室に設置されている電子黒板を使えば、両方の黒板に書いたものが双方に写りますから、先生は、分校の生徒の解答もその場で採点することができます。

Q.まるで、教室で生の授業を受けているようですね?

A.本来、そういう風になれば一番いいわけです。そもそもこの遠隔教育は、少子化が進む中で、生徒の多様な教育を受ける機会を確保すると言うことに大きな意義があります。今回の研究会に参加したのは、こちらの6県で、北海道の担当者も遠隔会議システムを使って、課題などを話し合う研究会議に参加しました。これらの自治体には、共通する問題があります。

k151127_3.jpg

Q.いずれも少子化が進む地方の自治体ですね?

A.少子化によって、学校の統廃合が進んだり、先生の数そのものが減らされたりしているという問題です。参加した自治体以外にも同じ悩みを抱えているところは多いので、ある意味、全国共通の問題とも言えます。高校になると、進路に応じた選択科目が増えます。たとえば同じ理科でも、生物や物理、化学、地学などにわかれることになります。しかし、先生が少ない高校では、それぞれの専門の先生を配置することはできませんから、学校によって格差が出てしまいます。今回取材した高知県の分校は、生物の先生がいないため、普段は化学の先生が生物を教えているということです。

Q.「遠隔教育」は、過疎地の教員不足を補うことにもつながりそうですね?

A.実際には「遠隔教育」には、まだまだ多くの課題があることも、今回の研究会の中で浮き彫りになってきました。まずは、実際に授業を担当した生物の先生は、「2つの教室を同時に担当することで、どちらに重きを置きながら授業をするのか悩ましい」と話していました。

Q.今までになかった課題ですね?

A.ハードとソフトの課題があると思います。ハード面では、機材の配置や設定、メンテナンスをどうするか。専門の教室があればいいのですが、地方の高校にそんな設備はありません。このほか、例えば、分校側の授業を見た参加者からは、「教壇の先生が画面からいなくなったり、モニターを見るためにカメラと違う方向を見ながら分校に呼びかけたりすると、生徒が戸惑う」といった意見が出されていました。また、授業中にネットがつながらなくなったり、電子黒板がフリーズしてしまったりすると、授業がストップしてしまいます。

k151127_5.jpg

Q.ソフト面というのは、どういうことですか?

A.機材のトラブルのための人材の確保は、当然必要です。それに加えて、受信する教室での補助教員にも大きな役割があるということです。授業中の生徒の評価をする必要があるからです。今回行われた授業でも、綿密な指導案が作られ、本校と分校の先生同士がお互いの役割を共有する必要がありました。場合によっては会って事前の打ち合わせをすることあります。遠隔教育を活用すれば、教員は減らせるのではないかという意見もありますが、実際に授業を経験すると、むしろ人手も手間もよりかかるといった印象です。

k151127_6.jpg

Q.今後、どのように進めていくことになりますか?

A.遠隔教育には、まだ決まった形というのはありません。今回のような方式のほか、例えば教育センターのような拠点から複数の高校に同時に授業を配信する方式を検討している県もあります。ただ、この方法だと、学校同士のカリキュラムの調整が難しく、拠点の機能がダウンするとすべての高校で授業が受けられなくなるという問題もあります。

k151127_7.jpg

多くの課題はあるものの、高知県のような中山間地を多く抱える地域や離島を抱える自治体にとっては、地理的制約を超えた多様な学びの場を生徒に提供する可能性を秘めた制度であることは確かだと思います。厳しい財政状況の中、予算的な制約はあるかと思いますが、生徒目線でこの授業をどう広めていくのか、工夫を進めて欲しいと思います。
 

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS